2021年10月17日vs.広島カープ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―及川-小川―アルカンタ―馬場

広島 玉村森浦―島内―栗林

 

両先発共に上々の立ち上がり。3回表、阪神の秋山は広島の林と宇草にホームランを浴びて2点先制される。4回表には鈴木誠也にもソロホームランを浴びて3点差。阪神は7回裏にロハスの2ランで1点差に迫る。しかし8回表にアルカンタラが鈴木誠也にソロホームランを浴びて2点差に広げられる。試合はこれで決まり、最後は広島の守護神・栗林が締めて2-4で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

試合を通して

矢野 序盤にやっぱり点を取らないとね。点の取られ方もね。アルカンタラも「よし行くぞ」というところでね。まあ色々と負ける原因はそういうところにあるでしょう。

 

―5回3失点の秋山について

矢野 アキらしく粘るというのが特徴なんだけど、ボールがちょっと高かったかなという感じに見えた。

 

―打線ではマルテがブレーキ

矢野 チャンスで打てなかったけど、確かに状態は良くないと思うね。

 

―好調の近本について

矢野 自信にしていいんじゃないか。なかなか年々右肩上がりにはいかない世界。もっともっと高い所を目指してやってくれたら。

 

―色々とタラレバがあるが(という質問)

矢野 勝負にいってる結果だから、勝負にいくなと言うこともできない。タラレバで言うのは簡単だけど、向かって行く気持ちを俺は大事にしたい。

 

 

以上です。

まあチャンスで打たないですからね。
おすすめの記事