2018年7月1日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」で2018年6月末のシアトルマリナーズvs.カンザスシティロイヤルズ戦で行われたイベントで2027年にタイムスリップしたらユニフォームはこんな感じだろうというイベントをもう一度やろうということでこれやったようです。この様子を見た小宮山悟がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



この試合の様子は動画でご覧ください

 

アナ マリナーズのユニフォームはワイルド過ぎるぐらいワイドでしたね。斬新(笑)

 

小宮山 腕をむき出しにしているってなかなかないと思います(笑)

 

アナ ねぇ。旧デザインのオールドユニフォームを着たイベントというのはありますけど、今回行ったのが2027年にタイムスリップをしたという設定なんですよね。今から9年後を想定したユニフォームなんですが。

 

小宮山 それを想定したずいぶん前にやったイベントをもう1回やったということなので、そこまで斬新なイベントということではないと思うんですけど。

 

アナ はい。

 

小宮山 ただ、未来的なことで言うと、普通の感じのユニフォームの素材も含めてなんだけど、もうちょっと機能的に新しい物になると思うんですけどね。

 

アナ 怪我とか大丈夫なのかなと心配になりますけど(笑)

 

小宮山 いや、ちょっと違和感あります。これは・・・ないわ(笑)

 

アナ ハニガー選手は自分のスパイクに背番号を塗装していたりするんですよね。

 

小宮山 もう遊んでますね。

 

アナ エンジョイしていますね。

 

小宮山 そういうのは面白みがあっていいと思いますけど。

 

アナ うーん。

 

小宮山 ただ、これが将来的にこんな感じのユニフォームで試合するのかっていったら、こうはならないと思いますねぇ。

 

アナ どうなんでしょうかね(笑)

 

小宮山 何か変な感じですね。

 

アナ ただ、マリナーズのチーム状況の良さが分かるような感じですよね。

 

小宮山 まあ、チーム状況は本当にいいので、誰も文句を言わないんでしょうけど、これが切っ掛けでせっかくの6連勝が止まったりすると怖いですけどね。ちょっと心配ですけど。

 

 

以上です。

これプレーしている姿を見たら笑いますよ。袖無しで肩が見えていますからね。設定では2027年の未来のユニフォームらしいですけど、これはまだないかなと思います。

おすすめの記事