2020年11月15日にBS1で放送された『ワースポ×MLB』でかつて阪神タイガースとヤクルトスワローズでプレーしていたトーマス・オマリーが日本時代の思い出を語っています。

 



 

オマリー はい。私はオマリーです。1991年92年93年94年阪神、95年96年ヤクルト。今は六甲山、あっ、違う、今ペンシルベニアです。(※全部日本語。背景が山だったので六甲山じゃなくてペンシルベニアの山だったというジョーク)

 

トーマス・オマリー
1991年から阪神タイガースの4番として活躍。93年には3割2分9厘と巧みなバットコントロールで首位打者に輝く。そして1995年にヤクルトへ移籍。野村監督のもと、その年にセ・リーグMVPの活躍で優勝に貢献。日本シリーズでは打率5割2分9厘、ホームラン2本を放ち日本シリーズMVPにも輝き、日本一へ導く助っ人の役割を十二分に果たした。

 

日本移籍した当時は30歳。日本行きを決断した裏には野球選手としての葛藤があったと言います。

 

―日本移籍の経緯

オマリー 1990年、メジャーでプレーする私に阪神から誘いがあったんだ。これは後から知ったんだけど、その2年も前から阪神は私にオファーしてくれていたんだ。その頃の私はメッツであまりパッとせず、このままメッツに残るか、もっと試合に出られるチームに移籍するか悩んでいたんだ。それでシーズン終了後に思い切って阪神に電話したんだよ。あれは人生で最高の決断だったね。

 

移籍当初はアメリカと日本の野球の違いに戸惑った。

 

―日米の違いで戸惑ったところ

オマリー アメリカの野球は速球が中心で球も速い。日本のピッチャーはフォークやカーブ、スライダーなどの変化球が多くて、その全てでストライクが取れるんだ。それを打ち返すのが大変だったよ。

 

それでも6年連続で打率3割超えをマーク。その秘訣はバットにあった。

 

 

―バットの使い分け

オマリー 相手投手が右投げのときは重いバット、左投げのときは軽いバットを使っていたんだ。右投手用のバットは910~920グラム左投手用のバットは900グラム。左右の差は10から20グラムだったと思う。左投手は外に逃げて行く変化球を投げるので、バットが軽い方がボールをギリギリまで引き付けてライトへ引っ張ることができたんだよ。科学的根拠はないけど、それでいい結果を残せていたんだ。

 

この2本のバットで1991年の1年目から130試合にフル出場。打率.307、本塁打21の大活躍を見せた。一躍、人気者になりファンの心をガッチリ掴むと、驚きの依頼が舞い込む。なんと阪神の応援歌『六甲おろし』でCDデビューすることに・・・。

 

 

オマリー 最初はバットの振り方を英語で解説して、それを日本語に翻訳したものを収録する予定だった。何故かそこから話が広がって、私が日本語で『六甲おろし』を歌うことになったんだ。この話が来た時は日本語もほとんど分からない状態だったし、私は音痴だから本当に大変だったよ。でも自分なりに一生懸命頑張ったし、CDもかなり売れたみたいだから、今となってはいい思い出だねぇ。

 

 

阪神でのネタは尽きませんが、一番の思い出はヤクルトで経験した1995年の日本シリーズ制覇だと言います。日本シリーズの相手はオリックスでイチロー、田口壮、長谷川滋利と後のメジャーリーガーを擁する勢いのあるチームだった。

 

―日本シリーズの思い出

オマリー 当時のヤクルトにはスゴい選手はたくさんいたけど、私の加入でチームの足りないピースがちょうど埋まったような感じだった。私もアメリカでキャリアをスタートさせて、日本で更に経験を積み、選手として一番のピークを迎えていた。プレッシャーを楽しむ余裕もあったし、あの時は本当に調子が良かったよ。

 

それはヤクルトが3連勝で迎えた第4戦。2年ぶりの日本一を前に神宮球場は揺れていた。試合は同点の11回裏、1アウト1-2塁という一打サヨナラという場面でオマリーさんに打席が回ってきます。オリックスのピッチャーは5人目の小林宏でこの年、先発として8勝をあげていました。オマリーさんは2球で追い込まれるが、そこからファウルで粘り7球目にあわや日本一を決めるサヨナラホームランとなる大ファウル。その後、両者は一歩も譲らずフルカウントから14球目に低めの変化球を空振り三振してしまう。この対決は今も『小林 オマリーの14球』と語り継がれている球史に残る名勝負だった。

 

―『小林 オマリーの14球』について

オマリー お互いに全て持っている力を出し切った勝負だったよ。日本シリーズは優勝でしたけど、あそこで三振してしまったのは今でも少し悔やまれるね(笑)

 

 

現在は自宅のあるペンシルベニア州で少年野球チームとソフトボールチーム2つのコーチを務め、野球漬けの日々を送っている。

 

 

オマリー 自分は若い頃、もっと色んなことを教えてほしかったという思いがあるから、自分の経験を伝えたいと思っているんだ。私の教えた選手がドンドン上達していく、その過程を見られるのが嬉しいし、コーチとして一番のやりがいを感じるところだよ。

 

 

―日本の経験を生かした指導

オマリー 時間に余裕を持って行動するんだ。早く来るのが当たり前。時間通りに来るようじゃ遅刻。遅刻するくらいなら来ない方がマシってね。若い頃から良い習慣を身に付ければ、後々に人生の助けにもなるからね。

 

―日本のファンへメッセージ

オマリー 野球は私の全てだ。子供の頃はバスケットボールやフットボールもやっていたが、野球が一番合っていた。野球のおかげで日本にも行けたし、色んな経験もさせてもらった。だから今後は私の伝えられることをできるだけ多く伝えたいと思っているよ。日本のファン、特に阪神ファンの幸運を祈っているよ。『阪神タイガースファンは一番やぁ!』『ヤクルトファンは応援くださーい!』。

 

 

以上です。

相変わらず元気そうです。
おすすめの記事