2018年6月9日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」で右ひじ靭帯損傷でDL入りしてしまったアナハイムエンゼルスの大谷翔平についてメジャーで活躍した石井一久がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



アナ 大谷選手、心配ですね。

 

石井 そうですね。まあ、前回の放送でもお話ししたんですけど、投球時の時に大谷選手の状態が良すぎてピッチングの出力が上がり過ぎているなと感じたんですよね。ピッチングの時に調子がいいとギアを1つ上げてしまうので、自分のポテンシャルよりも1つ上のレベルでピッチングをしていると感じたんですよね。6/6の試合でもマメということで降板をしたんですけども、そのままでも投げられていたので、もしかしたら肘の事で降板したのかなというのもありますよね。

 

アナ んー・・・まさか石井さんが仰っていたことが現実になってしまったという。

 

石井 まあ、肘なんで心配は心配ですね。

 

アナ はい。この大谷選手の怪我についてソーシア監督はこのようにコメントしています。

 

【ソーシアのコメント】

ソーシア チームとっては2人の選手を失った気分です。彼のマウンドでの活躍はとても大きかったし、バッターボックスでの活躍も目覚ましいものがありました。マメに関しては試合中にできて、いくつかの球種が投げられませんでした。私はマメの方が心配でしたが、降板後に大谷は肘に張りを感じていたようです。メディカル部門に任せているのであとは待つだけです。

 

 

アナ 2人の特別な選手を失った気分だと仰っていましたが、ソーシア監督はいつも明るいんですけど、少し元気が無さそうでしたね。

 

石井 まあ、ソーシア監督も言っていますけど、投打の軸ですからね。1人で2人の名選手がいなくなるというのはエンゼルスにとっては大きな出来事ですよね。

 

アナ そうですね。さて、この大谷選手の怪我の情報は現地メディアでもトップニュースとして報道されました。アメリカ有数のスポーツの専門誌のSports Illustratedでは『大谷翔平の故障者リスト入りは今季最も残酷なニュース』、そしてUSA TODAYでは『大谷のひじの怪我は球界全体にとって大打撃だ』とその衝撃の大きさを語っています。

 

石井 まあ、二刀流の挑戦というか新たな歴史を刻んできているだけにメジャーリーグとしても凄く衝撃のあるニュースでしたよね。

 

 

アナ はい。オールスターでも指名打者の候補になっていただけに残念だったと思うのですが。

 

石井 と思います。あとはエンゼルスの集客という部分でも大きい打撃というのもありますし、またオールスターでは怪我あったとしても球場に行けない場合を除いては球場に行ったりもするので、オールスターで顔を見るということも、もしかしたらあるかもしれませんね。

 

アナ 報道では今後はまだ様子を見るという事でしたが、これはどのような感じでしょうか。

 

石井 そうですね。今後、大谷選手が行っている治療法というのは以前にヤンキースの田中投手も行った方法なんですね。

 

2014年 田中将大はPRP療法を受ける

7月8日 右肘靭帯の部分断裂

9月21日 復帰登板

 

 

石井 田中投手の場合はMLBのデビューイヤーに肘の故障をして同じPRP療法をして9月には復帰しているので。

 

アナ はい。

 

石井 まあ、大谷投手は年齢もまだ若いので、筋力だったりで復帰を早められると思うので、僕は大谷選手の今後の復帰の早さを期待したいですね。

 

アナ ただ、今回の怪我というのは残念なんですけど、改めて大谷選手の存在の大きさというのを感じさせられる出来事でもありますよね。

 

石井 ただ、怪我というのは非常に残念なんですけど、大谷選手はそういう事まで将来的には引き出しにすることができると思うので、大谷選手が早く復帰してくれることを期待したいですね。

 

 

以上です。

重傷かもしれないのが不安ですね。PRP療法で回復することを願うしかないですね。

おすすめの記事