2019109日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でクライマックスシリーズファイナルステージのvs.読売ジャイアンツとの第1戦で先発を若手の望月惇志に託したことについて元中日の谷沢健一、元近鉄西武の金村義明、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



この日の望月の投球内容
2回62球 被安打5 奪三振1 四球3 失点5

 

衛藤 CSファイナルステージ第1戦は巨人が勝利しましたが、一方の阪神は終盤に追い上げましたが届きませんでした。

 

真中 今日は望月が先発したんですけど、25失点という内容でした。まあファーストステージでけっこう中継ぎを使っていたので1イニングでも長くというイメージでしたよね、金村さん。

 

金村 うーん。まあ首脳陣の希望として3回一回りぐらいはビシッといってくれというのがあったと思うんです。

 

真中 はい。

 

金村 シーズン最後の6連勝の時も明日なき戦いで望月が先発の時はカープ戦で3イニングぐらいでスパッと代えましたからね。

 

真中 そうでしたね。

 

金村 その再来を期待してたと思うんですけど、立ち上がりに見事にやられましたからね。

 

谷沢 ベンチからマウンドに上がる時にね、なんかウキウキしながら笑いながらだったんですよね。

 

真中 楽しんでいる感じで。

 

谷沢 楽しもうという雰囲気があったんですよ。まあそれは・・・どういう結果になるのかなあと注目して見ていたんですけどね。

 

真中 でも、リリーフ陣は良かったですよね。

 

金村 もうリリーフは最強でしょうね。ただね、谷沢さんがおっしゃったように楽しもうという姿勢で短期決戦をやろうとすると、絶対に逆目に出ますよね()

 

真中 ()

 

金村 だから笑顔は笑顔でも緊張感でこわばっているように見えましたけどね。

 

真中 はい。2番手が岩貞だったんですけど、僕らからすると経験のあるピッチャーの方が先発で良かったかもと思ってしまうんですけどね。

 

金村 まあ結果論でね。

 

真中 でも状態で考えると望月の方が信頼できたんでしょうかね。

 

金村 この結果を見てしまうとスタート岩貞の方が良かったと思ってるかもしれないですよね。

 

真中 そうですね。谷沢さん、中継ぎ陣は安定してますよね。

 

谷沢 うん。望月が2回でも3回でもなんとかゲームを作るような立ち上がりをすればリリーフ陣は強いものがありますからね。

 

真中 そうですね。まあこれからも阪神は継投が難しくなっていくと思うんですけど、リリーフ陣がどう頑張るかっていうところですよね。

 

 

以上です。

望月には荷が重すぎた。
おすすめの記事