2021年4月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦で先発し、8回途中無失点で自身開幕2連勝となった読売ジャイアンツの高橋優貴の好投について、そして好守備を見せた北村拓己について元横浜の高木豊、元ヤクルト広島の笘篠賢治、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



高橋のヒーローインタビューの一部

高橋 ストライク先行でテンポ良く投げれた事が良かったと思います。こうやって主力の方がいない中で投手陣が粘って、何とか最少失点で抑えればこういうゲームができるかなと思うので、これからもいい投球ができればなと思います。

 

 

高橋を語る

この日の高橋の投球内容
7回0/3 110球 被安打2 奪三振5 四球3 失点0
開幕から14イニング無失点で自身開幕2連勝!

 

アナ 巨人が阪神に勝利し連敗を2で止めました。

 

高木 はい。今日はバッテリーを含めて守り勝ちましたね。

 

アナ はい。

 

高木 その中でも高橋優貴と炭谷のバッテリーで阪神打線を抑えていくんですよね。大矢さん、高橋優貴は今年オープン戦から良かったんですけど、何か変わったところはありますか?

 

大矢 やっぱり今年は球持ちがいいですよね。

 

高木 なるほど。

 

大矢 だからどのバッターも少しだけタイミングが崩れるんですよね。意外と安定感があると言ったらいいのかな。

 

高木 はいはい。

 

大矢 ビシビシいくんじゃないんだけど、相手のバッターのタイミングがズレてるなってのが見えるんで、ベンチはとっても安心して見てられると思いますね。

 

高木 なるほど。それを引き出したリードも見事だったんですけど、もう1つポイントがあったんですね。苫篠さん、8回裏の守備で気の利いたプレーがあるんですよ。

 

状況
1アウト2-3塁で阪神の代打陽川が打ったファーストゴロで冷静な判断でホームに送球し3塁走者をアウトにしたプレー。

 

高木 完全に1点あげてもいいよっていうシフトを敷いてたんですよね。

 

苫篠 ジャイアンツは2点リードしてましたからね。

 

高木 内野は前進守備ではないんですけど、代打の陽川が強い当たりのファーストゴロを打つんです。ここでファーストの北村はバックホームしたという。ファーストを踏んでアウトを1つ取るというのでも文句は言われなかったと思うんですよね。

 

苫篠 そうですね。ですからファーストを踏むのは簡単ですけど、まずは先の塁を確認してからファーストベースを踏むという順番をしっかりと冷静に判断して、その中で間に合うと判断したからホームに投げて1点を阻止するというね。

 

高木 うんうん。

 

苫篠 これは1点差と2点差では全然違いますからね。

 

高木 全然違うよね。だから気の利いたプレー。あの場面でホームに投げるのは勇気がいるんですよ。

 

アナ はい。

 

高木 だけどよく投げました。見事なプレーでした。

 

 

以上です。

守りが堅い試合でした。
おすすめの記事