2021年4月11日に日本テレビで放送された『Going Sports & News』で横浜DeNAベイスターズの注目ルーキー牧秀悟の優れた打撃技術について赤星憲広がくりぃむしちゅーの上田晋也と共に分析しています。

 



上田 赤星さん、DeNAのドラフト2位ルーキーの牧選手の凄さを教えてください。

 

赤星 ズバリ 『動かない』です。

 

上田 ほぉ。

 

赤星 その『動かない』というのは頭なんですね。映像を見てください。

 

 

赤星 牧選手はしっかりと左足を上げてるバッティングフォームなんですよね。テイクバックからスイングし終わるまで、頭の上下動が全くないんですよ。

 

 

上田 なるほど。

 

赤星 これってやろうと思っても簡単に出来る事じゃないです。

 

上田 はい。

 

赤星 このバッティングフォームだとやっぱり目線が安定するのでボールの見極めも非常に良くなるんですね。

 

上田 なるほど。

 

赤星 更に肩とか腰もほとんど上下に動かない。

 

 

赤星 つまりスゴくシンプルに見えるんですけど、これやろうと思っても意外と出来ないんですよね。

 

上田 ほぉー。

 

赤星 ちょっと色んな角度で動いたりとか、上下動があったりするんですけど、これが出来てるのは凄いと思いますよね。

 

上田 また更にマークもキツくなってくるとおもうんですけど。

 

赤星 そうですね。開幕してからかなりマークされている中でこれだけ打ち続けているんで、牧選手には多分研究する力も持っているのかなと。

 

上田 研究されても更に上を行くと。

 

赤星 更に仕返すんじゃないかなと。だから形さえ崩されなければ、僕は本当にスゴい成績を1年目から残すんじゃないかなと思いますね。

 

上田 スゴいルーキーが出てきましたね。

 

 

以上です。

牧を獲らなかった球団は後悔してるでしょうね。
おすすめの記事