2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で広島カープのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位栗林良吏トヨタ投手177/80即戦力右腕
2位森浦大輔天理大投手175/70実力派左腕
3位大道温貴八戸学院大投手178/78試合を作れる
4位小林樹斗智辯和歌山投手182/85コントロール
5位行木俊徳島インデ投手183/75速球派右腕
6位矢野雅哉亜細亜大内野173/71強肩俊足

(本指名のみ掲載)

 

アナ そして広島です。小関さん、広島は上から投手ばかり指名して5位まで投手。

 

小関 そうですよね。即戦力候補を獲りまくって、その中で僕は若い選手に期待したいんで、4位の小林樹斗に注目ですね。

 

アナ はい。

 

小関 リリーフタイプだし、カープにとって非常に必要な選手じゃないかなと思いますね。

 

アナ そうなんですよ。その小林樹斗投手に対する鞘師スカウトのコメントです。「最速152キロのストレートとキレのあるカットボールが魅力。体にバネがあり、躍動感のあるピッチングで相手を圧倒する」ということです。まあ、抑えの中崎がなかなかという状況でフランスアに託してますが。

 

小関 今村も休みがちですしね。一岡も休みがちですし。

 

アナ そうですねぇ。

 

小関 広島はリリーフが大変なんですよね。

 

アナ 西尾さんはカープの指名についてはどうですか?

 

西尾 栗林投手をまず獲れたというのは大きいですよね。それで森下投手との2枚エースという形になれば大きいと思いますし、3位の大道選手と4位の小林選手もよく残ってたなという感じがするんですよね。

 

アナ ほぉ。

 

西尾 まあ、左も足りてないんで補強できて、分かりやすいかなっていう指名ですけど、もう少し野手を獲らないのは心配にはなりますね。

 

アナ 全体的には野手の高齢化は進みつつありますもんね。

 

西尾 そうなんですよね。下からは出つつあるんですけど、もうちょっと獲っていいのかなとは思いますね。小園とか羽月はいますけどね。

 

アナ なるほど。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

投手補強に重点を置きましたね。 
おすすめの記事