2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で東京ヤクルトスワローズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位木澤尚文慶応大投手183/85MAX155キロ
2位山野太一東北福祉投手172/74無敗左腕
3位内山壮真星稜捕手172/76センス抜群
4位元山飛優東北福祉内野180/78守備が強み
5位並木秀尊獨協大外野170/72俊足外野手
6位嘉手苅浩太日航石川投手191/106巨漢右腕

(本指名のみ掲載)

 

アナ そして東京ヤクルトですが、ここは早川・鈴木と競合を外して、外れ外れで木澤を獲得したところからスタートしていったドラフト指名となりました。小関さん、いかがでしょうか?

 

小関 ピッチャー補強ですよね。この球団はピッチャー。1位の木澤に来年は先発の仲間入りしてほしいなと思いますね。

 

アナ はい。西尾さんはヤクルトについてはどうですかね?

 

西尾 1位木澤選手、2位山野太一選手は割と早くから働いてもらいたいなっていうのがあると思うんですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 ただ5位の並木選手なんかもやっぱり足の一芸なので、ひょっとしたら早いうちから使われる可能性もありますよね。

 

アナ うーん。

 

西尾 今は足のスペシャリストって需要が高まってるじゃないですか。

 

アナ 確かに各球団に強烈なのがいますよね。

 

西尾 なので意外な即戦力候補なのかなと思いますよね。

 

小関 何か左バッターに転向もありなんじゃないかなと。並木は右バッターなんですけど、打つ方に特徴がないので左の方が足が生きるんじゃないかなと思いますけどね。

 

アナ なるほど。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

今回の投手補強で何とかしていきたいところです。
おすすめの記事