2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で福岡ソフトバンクホークスのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位井上朋也花咲徳栄内野181/88大型野手
2位笹川吉康横浜商高外野193/85大型野手
3位牧原巧汰日大藤沢捕手174/76打てる捕手
4位川原田純平青森山田内野170/74パンチ力
5位田上奏大履正社投手185/83MAX151キロ

(本指名のみ掲載)

 

アナ 福岡ソフトバンクは支配下5名という中で、佐藤輝明を外して、じゃあどうするというところで高校生野手ばかり。小関さん、どうでしょうか?

 

小関 高校生野手をズラっといきましたよね。なかなか見応えがありますよね。

 

アナ うーん。

 

小関 高校生というのは育成が難しくてどうかなっていうところなんですけど。

 

アナ これができるのがソフトバンク。

 

小関 そうですね。筑後の力ですね。

 

アナ はい(笑) 西尾さん、これができると共に野手が全体的に高齢化しているのも事実ですよね。

 

西尾 そうですよね。もう井上選手は1位か2位でいくものだと思っていて、もしくは牧選手と思っていたんですが、こっちに来たかという感じで。

 

アナ なるほど。

 

西尾 スゴく意図が分かる指名ですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 ちょっと笹川選手は僕はこんな評価が高いのかと思いましたけど、ポスト柳田になってほしいっていうのかなと思います。

 

アナ うんうん。

 

西尾 上の4人はバッティングに特徴がある選手たちですよね。だから何とか打てる野手を育てたいという意欲がありますよね。

 

小関 育成の人数も多いですよね。佐藤宏樹を指名したりでね。(※育成ドラ1)

 

アナ 慶応大学のね。

 

小関 うん。慶応って昔はプロに行く力があっても大学までという選手が多かったんですよ。最近はプロ野球も魅力が出てきたのかなと思いますね。

 

アナ 最近は流れが変わってますよね。

 

小関 変わってきてますよね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

高校生野手を何とかして育てたいところです。
おすすめの記事