2021年7月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で、対巨人12試合目にしてようやく初勝利となった横浜DeNAベイスターズについて元日ハムの岩本勉、元横浜の高木豊、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



三浦監督の勝利監督インタビューの一部

三浦 対ジャイアンツでやっと一つ勝てましたけど、一つ取った事によってまた流れも変えれますし、こういう接戦を取れたというのは大きな1勝だと思います。

 

 

対巨人戦 初勝利のDeNAを語る

アナ DeNAが今シーズン対巨人、12試合目で初勝利。巨人は首位奪取となるかという試合でしたが、そうはなりませんでした。

 

岩本 そうですね。この結果を受けて、かつて横浜で監督をされていた大矢さんにお聞きしたいと思います。やっと横浜が勝ちました。

 

大矢 やっと「勝ってないな」と言われなくなるなと思ってね。

 

アナ そうですね(笑)

 

大矢 まあ、一つ勝たないとね。でも、胸のつかえが降りたと言いますか、これからはジャイアンツ戦でもいい戦いができると思いますね。

 

岩本 はい。やっぱり連敗が続いていると、カモというか、勝てないんじゃないかというような心理になりますよね。

 

大矢 そうそう。リードしててもやられるんじゃないかとか、良いように考えられないですよね。

 

岩本 はい。では、豊さんにもお聞きしましょうか。豊さん、ようやく勝ちました。

 

高木 涙が出ましたねぇ。

 

岩本 はい(笑)

 

高木 やっぱり流れを変えるには、どうしても一つ勝たないとね。勝ってくれて良かったです。このままじゃセ・リーグの他のチームに申し訳ないですよね。でも、バタバタしながらでも勝てたというのは、トラウマというか、呪縛が解けるかなという気がしますけどね。

 

岩本 はい。三浦監督も「これで流れが変わる」と言われてましたしね。

 

大矢 でもDeNAは後半のセ・リーグの台風の目だよ。

 

岩本 打線の繋がりがありますもんね。

 

大矢 ピッチャーも上がってきてますしね。

 

 

以上です。

破壊力が凄いから後半戦の台風の目になるでしょうね。
おすすめの記事