201712月にBS1で放送された『球辞苑』で中村剛也がバットのグリップについて語っています。

 



―グリップとはどのようなものと考えている?

中村 えっ、そんな事を聞くんですか?() 

 

そこから少しだけ考えて・・・

 

中村 グリップ・・・何だろうな・・・。(結局回答なし)

 

―独特な握りの理由は?(右手の小指が左手の人差し指と重なっている)

 

中村 高校の時からやってますけど。

 

―高校の時にそれをやり始めた理由は?

中村 まあやり始めたというか、やらないといけなかったんですけど。ちょっと右手の小指を骨折して、どうやったら痛くないかなと思って。それでちょっと右手の小指を浮かせたらそんな痛くなかったから。そこからホームランの数も増えたんで。

 

―なぜホームランが増えた?

中村 分かんないです() どうなんですかね。でも、小指の分だけ多少長く使えるからヘッドが効きやすいというか。これぐらい(小指の太さ)の長さが変われば相当違うんで。

 

―小指の太さの分というのは微妙な長さだけど相当違うのか?

中村 相当違うと思います。

 

小指1本の太さだけでもヘッドの効き方が大きく違う。更に握りの強さも意識していることがある。

 

―握りの強さは?

中村 バットを支えるぐらいです。左手もギュッと握ってないです。右手も置いてるだけです。

 

―スイングの時にいつ力が入るのか?

中村 いつ力が入る・・・。まあ当たる時ですかね。でもそこまで考えてないんで。別にインパクトでギュッとしようとも思ってないですし。

 

ー中村剛也にとってグリップとは?

中村 グリップとはねぇ・・・なんですかね。優しく握る()

 

 

以上です。

ホームランアーティストの感性があるんでしょう。
おすすめの記事