2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で千葉ロッテマリーンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位鈴木昭汰法政大投手175/81即ローテ
2位中森俊介明石商投手183/87完成度高い
3位小川龍成国学院大内野173/72堅実な守備
4位河村説人星槎道都大投手192/86長身右腕
5位西川僚佑東海大相模外野186/92スケール大

(本指名のみ掲載)

 

アナ 千葉ロッテは早川を獲りにいって、外れ1位鈴木というところから始まりました。こちらは2位が明石商業の中森投手。小関さん、ロッテのドラフトはどうでしょうか?

 

小関 中森はやっぱり可能性を感じますね。

 

アナ うんうん。

 

小関 何となくゲームメイクの方に力を傾けていたと思うんですが、指名後の会見では「速球を極めたい」というコメントをしてたんですけど、それは非常にいいですよね。

 

アナ うんうん。担当の黒木スカウトによると「近い将来、先発ローテーションとして活躍できる素材である」とコメントしています。西尾さん、ロッテのドラフトはどうでしょうか?

 

西尾 左が欲しいというのが分かりやすいですよね。そして中森投手はよくロッテの2位まで残っていたなという。

 

アナ 1巡目で消えてもおかしくない。

 

西尾 はい。佐々木朗希投手が1つ上でいるので、中森投手にとってもいいですし、佐々木投手にとっても下が入ってきたことはいいことですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 あと意外なところで4位の河村投手もかなりスケールのあるピッチャーで。

 

アナ ほぉ。

 

西尾 鈴木、中森、河村の3人がものになってきたら投手王国も見えてくるなと思いますね。

 

小関 うんうん。ちょっとショートのレギュラーがハッキリしないんですけどね。

 

西尾 藤岡選手がまだまだですもんね。

 

小関 そういう意味で小川は刺激にもなりそうですし、レギュラー奪取も夢じゃないですよね。

 

アナ はい。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

早川は外しましたがリカバリーできたでしょう。
おすすめの記事