2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で埼玉西武ライオンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位渡部健人桐蔭横大内野176/115巨漢砲
2位佐々木健NTT東日本投手179/85社会人No.1左腕
3位山村崇嘉東海大相模内野180/85左の長距離
4位若林楽人駒沢大外野177/754年で評価UP
5位大曲錬福岡大投手179/78準硬式から
6位大河東農大オホ内野178/77パンチ力
7位仲三河優太大阪桐蔭外野180/84潜在能力

(本指名のみ掲載)

 

アナ 埼玉西武です。こちらは早川を外して、その外れ1位で渡部健人というところでサプライズ。

 

小関 西武らしいなと(笑)

 

アナ うーん。

 

小関 実際にどうなるかは分からんですけどね。数年後に「失敗したじゃないか」と言われるかもしれないですけど、なかなか冒険心のある指名ですよね。

 

アナ うんうん。

 

小関 特に1位の渡部というのがね。

 

アナ 西尾さんはいかがでしょうか?

 

西尾 事前に西武はピッチャー指名を多くすると言われていたんですけど、僕は野手の方がマズいなっていうのを感じていたんですよ。

 

アナ はい。

 

西尾 1年の指名で一気に改善するわけがないと思いますけど、ただバッティングに特徴の渡部選手、山村選手を獲って、そして若林選手は打てる選手で、下の6位7位の2人も打撃に特徴のある選手ですよね。

 

アナ うんうん。

 

西尾 なので野手を変えていかないといけないという意思を感じる指名ですよね。

 

アナ 蓋を開けたら7人中5人が野手だったというね。

 

小関 僕も野手の方が緊急に補強すべきだと思っていたので、早川は獲れなかったけど、良かったんじゃないかと思いますね。

 

西尾 そうですね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

打ちまくる西武がまた見たいですね。
おすすめの記事