2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位早川隆久早大投手180/80No.1投手
2位高田孝一法政大投手183/92荒れ球投手
3位藤井聖ENEOS投手176/80150キロ左腕
4位内間拓馬亜細亜大投手179/84変化球に強み
5位入江大樹仙台育英内野185/83大型野手
6位内龍星履正社投手190/88長身右腕

(本指名のみ掲載)

 

アナ 楽天は何と言っても4球団の競合で早川投手を獲得。小関さん、楽天はいかがでしょうか?

 

小関 来年の楽天は強いんじゃないですかね。

 

アナ ほぉ。

 

小関 先発陣はこれでパ・リーグで一番揃うんじゃないですかね。まあ、リリーフに問題があって松井裕樹が再転向してますけどね。

 

アナ そうですね。西尾さん、上4人は投手でした。

 

西尾 まあ、内間投手は少し即戦力投手というよりは将来性を買った投手だと思いますけど、早川投手と藤井投手は1年目から戦力になる可能性が高いと思いますよね。

 

アナ はい。

 

西尾 あと高田投手もスピードがスゴくあるんで、投手陣の底上げという狙いは分かりやすかったですね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

早川獲得で全てが上手く回っていきそうです。
おすすめの記事