2019413vs中日ドラゴンズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は岩貞、中日の先発は柳。阪神先発の岩貞は初回2人は簡単に抑えますが3番福田を歩かせ4番のビシエドにセンターオーバーの強烈な当たりを打たれ1失点目。2回には京田にタイムリーを打たれ2失点目。更に4回裏には京田に満塁ホームランを打たれ6失点目。岩貞はここで降板。8回には岩崎が堂上に満塁ホームラン打たれ完全に試合が壊れる。一方の阪神は2回裏に木浪のタイムリー、6回裏に近本のライトへのソロホームランの2得点のみ。最終スコア2-10で阪神の負け。スカイAMBSラジオのレポートを参考にコメントを紹介します。

 

 

試合後の矢野監督のコメント

―岩貞は高めに浮いたから悪かったのか

矢野 もう全部やろね。あれだけのイニングであれだけヒット打たれてしまった。ボールが高いだけではないと思う。次回の登板はまあ考えます。

 

―現状

矢野 今の状況はピッチャーだけの責任ではない。今日みたいにあれだけやられると野手も追い掛けないといけないし。最近の流れの中では打線が援護できないからピッチャーへのシワ寄せがきているんで、どっちが悪いとかではなく、どちらにも責任がある。

 

―満塁ホームラン2本打たれた

矢野 あれを打たれてしまうとなかなか流れをこっちにというのが難しくなるよね。何とか粘っていかないと。

 

―近本と木浪が頑張っている

矢野 近本はいい打球、角度が上がってきて打ち出せている。打撃練習から良くなっている。木浪も一本が出て成長過程にあると思う。

 

―近本について

矢野 近本は長打が出ているけども、長打よりも塁に出て足でかき回す。そこから順番としては長打というのがいいんではないか。

 

今回はテレビインタビューなしだったようです。

拒否したのかもともとなかったのかは分かりません。

 

以上です。

ボロボロです。
おすすめの記事