2018年5月15日のvs横浜DeNA戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神メッセンジャー、横浜飯塚で試合が始まる。両チームの先発がいいのか貧打なのか分からないですがお互いになかなか点が入らない大人しすぎる試合。均衡を破ったのは阪神。6回裏に糸井のヒットを皮切りに四球で繋いで2アウト満塁の場面で代打の原口がバットを折りながらもレフト前に運び2点タイムリーで先制する。投げてはメッセンジャーが完封ペースで9回を投げるが先頭打者の桑原にソロホームランを浴びピッチャー交代となりドリスの助けを仰ぐ。そのドリスが3人を難なく斬り阪神が2-1で勝利。サンテレビとスカイAとMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ メッセンジャーがあと1イニングでしたけど完封惜しかったですね。

 

金本 ですね。まあ、2ストライクと追い込んで詰めが甘かったといいますか。まあ、最初の1点なんでそこは責められません。

 

アナ ただ、それまでは8イニングで得点圏の走者がわずか1回と本当に安定していましたよね。

 

金本 本当にコントロールもキレも良く、今年のメッセらしさといいますか、コーナー突いて低めに投げて色んな球種を使いながらバッテリーでバッターを抑えてくれたような気がします。

 

アナ そして、6回の先制点の場面ですが代打原口が決めてくれましたね。

 

金本 ですね。最初はファウルゾーンに飛んだみたいで中に入ってきて、まあ、それもバットの出が良いからということにしておきましょうか(笑)

 

アナ バットを折られながら執念を感じるようなヒットじゃありませんでしたか?

 

金本 まあ、そうですね。詰まっても力で押し込むという打撃だったんじゃないですかね。

 

 

アナ それと、その前の糸原も粘ってよく四球を取りましたよね。

 

金本 そうですね。あれで満塁になって向こうも焦ったといいますか、勝負所と思ってピッチャーが代わりましたけど。ああいう四球というのがもっと点になってくれば得点力も上がると思うんですけどね。

 

アナ 今日も6安打で2得点ということで打線の状態はいかがですか?

 

金本 ん~ここ5試合で3点以上取っていないんでね。色々と打順とかで工夫をしたりとかしているんですけど、1年通してこういう時期もあると思うんでね。そういう時はピッチャーにしっかり頑張ってもらって、いつかしっかりと打って返してあげたいなと思います。

 

アナ 今シーズンはベイスターズに5戦負けなし。明日も連勝といきたいですね。

 

金本 そうですね。特別、相性の良さは感じてないんですけど、勝てる時に勝てるように明日も頑張りたいと思います。

 

勝利監督インタビューは終了

 

 

【金本監督のその後のコメント】

金本 (原口の代打起用は)相手ピッチャーが代わらなかったら板山のままだったかな。左ピッチャーが出て来たのでこっちも右バッターで代打でいこうという時に片岡コーチがすぐに原口の名前を挙げたので迷わずにいきました。原口は集中力がある選手で追い込まれてもファウルで粘れる選手。上手く粘って押し出しというも半分ぐらい考えていました(笑)

 

【片岡ヘッドコーチの試合後のコメント】

片岡 喜んでいられないな。原口ならではの直球に振り負けずないところが彼の持ち味やね。

 

【香田投手コーチの試合後のコメント】

香田 メッセンジャーは力強くて躍動感があった。正直に言うと、桑原ドリスの間隔が空いているんで投げさせたかった部分もあるんだけども、メッセンジャーの球数が少なくて完封を狙って続投させた。

 

【梅野の試合後のコメント】

梅野 メッセンジャーはかなり気合が入っていた。前回の試合で亀井に打たれた3点目のソロホームランが相当悔しかったんだと思う。

 

 

以上です。

勝つには勝ったんですけど打てなさすぎてこの先も明るい未来が見通せる感じでは全くないですね。

おすすめの記事