2018年10月6日vs横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は3連勝中の藤浪、DeNAの先発はルーキーの東。藤浪は初回にいきなり先頭から2者連続四球でピンチを作るが3番ロペスが併殺打、4番筒香を三振に切って取り事なきを得る。一方の阪神の攻撃は2回裏に梅野の2ベースヒットからチャンスを作り、陽川がタイムリーヒットを打ち1点先制する。3回裏には2番のルーキー島田海吏がDeNAショートの大和のエラーで出塁し、3番福留がタイムリーを打ち2点目を取る。更に5回裏にはまたも島田海吏が3ベースヒットで出塁し、福留がまたもタイムリーを打ち3点目を取る。藤浪はスイスイと投げていましたが7回表にノーアウトから死球、四球でピンチを作り2アウトまで粘りましたがソトに3ランを浴びて同点にされる。ここから延長に入り10回裏に阪神は2アウト満塁のチャンスを作りバッター島田が見事にサヨナラヒットを放ち阪神が4-3で勝利。スカイAの野球中継のレポートを参考にコメントを書いています。

 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ ようやく連敗が止まりました。(※5連敗でストップ)

 

金本 そうですね。連敗もそうですけど、とにかく甲子園で本当に勝てなかったので、申し訳ない中、今日は喜んでもらえてそれが一番良かったです。

 

アナ 最後に決めたのはルーキーの島田。プロ初打点がサヨナラタイムリーになりました。

 

金本 そうですね。ああいう場面でルーキーがなかなか力を発揮できるものではないと思うんですけど、いくら甘い球とはいえ本当にあの場面でよく打ってくれました。

 

アナ 島田選手だけでなく中継ぎ陣も含めて全員で掴んだ勝利に見えました。

 

金本 はい。藤浪のあとのリリーフ陣もキッチリと抑えてくれましたし、若手もベテランも孝介2本、そして鳥谷も得点圏で打ってくれて、本当に僕が一番やりたい野球というかスタイルの試合ができました。

 

アナ 今、名前が出ましたが先発の藤浪はいかがでしょうか?

 

金本 まあ、不安定ながらフォアボールを出しながらも何とか粘るという、逆にそれが藤浪の持ち味でもあるんでね。何とかあの回まで頑張ってほしかったんですけど、でも7回3失点ですから十分やってくれました。

 

アナ 改めて甲子園での連敗もストップ。その辺りについてもう一言お願いします。

 

金本 いや、もう僕らも嬉しいんですけど、選手がよくやってくれて、何よりファンが甲子園で六甲おろしが歌えるのが一番嬉しいです。

 

アナ 残り5試合になりました。どんな試合を見せてくれますか?

 

金本 やっぱり、若い選手がたくさん出ているんでね。ピッチャーも野手も、それを引っ張っていくベテラン勢というかね。この2つが上手く噛み合うような野球ができればいいと思います。

 

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

【金本監督のその後のコメント】

金本 (島田のサヨナラヒットについて)まだ配球に付いていけない部分があるんだけど、いくら甘い球とはいえ左ピッチャーのスライダーはなかなか手が出ないよね。

 

【香田投手コーチの試合後のコメント】

香田 (藤浪については)フォアボールを出しながらそれなりに粘ってくれた。7回2アウトまで来てもうひと粘りだったな。でも、投げる度に良くなっている。次のドラゴンズ戦にもう1回いこうと思います。

 

 

以上です。

それにしてもなかなかあと一本の出ない試合でした。

おすすめの記事