2018年8月12日vs.横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

阪神の先発はドラフト1位ルーキー馬場、DeNAの先発は今永で試合が始まる。阪神は初回に糸井の2ランで幸先よく先制する。しかし、阪神の馬場はボールが高め、甘い変化球を連発し2回裏に大和のタイムリー、石川雄洋に押し出しを選ばれ2点を取られ同点。更に3回裏もコントロールが甘くソトにソロホームラン、嶺井にタイムリーを打たれてこの回に2点を取られ降板する。阪神も反撃で4回表に元気なおじさん福留が特大のソロホームランを打ち1点差。しかし、馬場から継投を引き継いだ岡本が5回裏に捕まり桑原に押し出し、石川にタイムリーを打たれて3点差に。更に6回裏には岡本からピッチャーを交代した岩崎が捕まり筒香のソロなどで3点を一挙に取られて6点差となる。ここでほぼ試合が決まり最終スコア5-12で阪神の負け。MBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

【試合後の金本監督のコメント】

―先発の馬場について

金本 詰めが甘い。下位打線にほとんど打たれてピッチャーにもフォアボールとか。援護点をもらったなかで経験が少ないから受け身になったのかもしれないけれども、スピードももうひとつだったし、コントロールも浮いていて、せっかく追い込んでいるのに高めにいくことも目立った。次回の先発の予定はないでしょう。光るものがあれば良かったんだけど、なかったからね。

 

―馬場の後のピッチャーについて

金本 他のピッチャーも今永に打たれてたし、それは点が入っちゃうよね。

 

 

以上です。

馬場は全然ダメでした。

おすすめの記事