2018年8月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で7試合連続ホームラン記録がかかった試合で残念ながらホームランが出ず記録更新はなりませんでしたが、絶好調の埼玉西武ライオンズの中村剛也について元近鉄西武の金村義明とヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



【この日の中村剛也の打撃内容】

1打席目 見逃し三振

2打席目 ライトフライ

3打席目 レフト前ヒット (打点1)

4打席目 空振り三振

5打席目 ショートゴロ

シーズン打率.232 (8/11の試合終了時点)

 

 

アナ ライオンズの中村剛選手は残念ながら、連続試合ホームランが6試合で途切れて王貞治さん、バースさんが持つプロ野球タイ記録の7試合連続ホームランには及びませんでしたが、8月の打率は4割超えと。金村さん、この中村剛也選手はやはり調子が上がってきていますね。

 

金村 そうですね。まあ、極度の不振と言っていいぐらいの不振でしたけど、やっぱり実力者ですよね。

 

アナ はい。

 

金村 やっぱり、夏場で暑くなってくると、どんどん調子も上がってきますよね。

 

アナ えぇ。

 

金村 もう何せライオンズの4番をずーっと打っていた選手ですからねぇ。まあ、これぐらい打って当然だとは思うんですけどね。

 

アナ はい。真中さんはこの中村剛也選手が調子を徐々に上げてきていますが、どう見ていますか?

 

真中 正直、序盤の不調を見ていたら、どうなるのかと思っていたんですけども、本当にさすがですよね。

 

アナ はい。

 

真中 やっぱり、今のライオンズ打線で一番怖い中村が下位打線にいますからね。

 

アナ そうですよね(笑)

 

真中 だから、もう今のライオンズ打線は手がつけられないですよね。彼が7番に入っていますもんねぇ。そういった意味では本当に重量打線ですよね。

 

金村 これだけ打って打順が8番から7番に上がっただけですからね(笑)

 

真中 ハハハ(笑)

 

金村 普通だと、あれだけ長く4番を打っていてたらね。それをこれだけ打っていても4番に上げないんですからね。

 

アナ そうですよねぇ。

 

真中 他球団は脅威ですね。

 

 

以上です。

記録は途絶えましたが絶好調なのは変わりありません。まだまだこれから打ちまくりでしょう。

おすすめの記事