2021年4月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で今季初勝利を飾った埼玉西武ライオンズの今井達也について、そして鉄壁リリーフ陣について元横浜の高木豊、元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



今井のヒーローインタビューの一部

今井 先発陣でまだ唯一勝ててなかったので、とりあえず今シーズ初勝利でホッとしてます。次回からもっと長いイニングを投げれるように、後ろには心強いリリーフ陣がたくさんいるので、全力で1イニング1イニングを投げていきたいと思います。

 

 

今井について

この日の今井の投球内容
6回106球 被安打3 奪三振7 四死球5 失点1
今季初勝利!

 

アナ 西武が今井投手の力投で日本ハムに勝利。

 

真中 ちょっと制球力に課題があるんですけど初勝利という事ですからね。江本さん、今季初勝利の今井投手はどうですか?

 

江本 あのね、ピッチャーの体型してるね。

 

真中 そうですか(笑)

 

江本 今井のストレートのキレというものは素晴らしいものがありますよね。フォアボールになった球もストライクのやつもあったでしょ。

 

真中 まあ、厳しいコースでしたよね。

 

江本 そういう事もあるにせよ、まあ楽しみなピッチャーですよ。

 

真中 そうですね。1つ勝てたんで、これから乗っていけるといいですよね。

 

 

鉄壁のリリーフ陣について

真中 そして今季も西武はリリーフ陣が安定してるんですよね。豊さん、今日はギャレット7回、平良8回、増田が9回でしたけど、この中継ぎ陣ですよね。

 

高木 力がありますよね。

 

真中 そうですね。

 

高木 昨年からこういう方程式を確立してきた。平良なんかはピッチャーの体型ではないかもしれませんけど。

 

真中 まあ、江本さん好みのスラッとした体型ではないかもしれません(笑)

 

高木 そうです。スラッと体型ではないですけど、やっぱりバッターを圧倒する力がありますよね。

 

真中 うんうん。

 

高木 それで増田が安定しているという。

 

真中 今日の奪三振の数を見てください。

 

リリーフ陣の投球内容
ギャレット 1回 安0 奪3 失0 防3.86
平 良 1回 安0 奪2 失0 防0.00
増 田 1回 安1 奪3 失0 防0.00

 

真中 ほぼ完璧に力で抑えてるんですよね(笑)

 

高木 だから先発は本当に6回まで頑張れと。ゲームを作れと。

 

真中 今井投手も言ってましたけど、そこまで頑張ると終盤は頼りになるリリーフがいますからね。

 

 

以上です。

中継ぎが凄い。
おすすめの記事