2018年9月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で久々に猛打賞の埼玉西武ライオンズの山川穂高について楽天で監督をしていたデーブ大久保、横浜で監督をしていた大矢明彦、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の山川の打撃内容】

1打席目 センターフライ

2打席目 空振り三振

3打席目 レフト前ヒット (打点1)

4打席目 レフト前ヒット

5打席目 レフト前ヒット

シーズン打率.270 (9/7の試合終了時点)

 

 

大久保 大矢さん、今日山川が8月16日以来の猛打賞だったじゃないですか。

 

大矢 そうですね。

 

大久保 情報によりますと、山川は小さい頃に大矢ベースボールクラブで大矢さんが指導してたって。

 

大矢 またその話(笑)

 

一同 ハハ(笑)

 

大久保 僕、今日知りました。

 

大矢 あっ、そうなんだ。それは情報不足だったな~。

 

大久保 そうでした。小さい頃はどんな子だったんですか?

 

大矢 もうパンチ力があってね。

 

大久保 はい。

 

大矢 野球を楽しくやる子だったんですよね。今日の1打席目と2打席目の表情の堅いこと。

 

大久保 堅いですよねぇ。

 

大矢 うん。あんな堅い表情で野球をやらなかった子なんだけどね。

 

大久保 うーん。

 

大矢 でも、今日やっとタイムリーが出てね。これでまた西武の4番だと言えるような活躍ができるんじゃないかな。

 

大久保 バッティングスタイルのタイミングって『1、2の3』ってよく言うじゃないですか。

 

大矢 はい。

 

大久保 これ僕は歩くスピードがその選手のタイミングのスピードだと考えていて、山川もおかわりもゆっくり歩くタイプなんですけど。

 

大矢 はい。

 

大久保 こういう選手は『1、2のぉ3』で打った方がいいよって言うんですけど、不調の山川はちょっとバタバタっと慌てて打っている感じがしますよね。

 

大矢 そうそう。あのね、タイミングを取りにいくのが遅かったの。

 

大久保 そうですよね。『1,2バーン』みたいな。

 

大矢 そう。やっぱり打ちたいという気持ちが強すぎるとこういう風にバットを出さなきゃってなっちゃうのかな。

 

大久保 そうなんですよね。今日は1打席目2打席目の顔と猛打賞打った後の顔は全然ちがいますよね(笑)

 

大矢 そうですよね。

 

大久保 今日はライオンズらしい野球をやりましたよね。

 

大矢 そうですね。何か足元に火がついてね。正直、またソフトバンクにやられんじゃないのっていう、ふっとそんな気になったと思うんですけど、今日はいいゲームだったと思いますよ。

 

大久保 そうですよね。真中さんも優勝争いをしていて、追い上げられる時期とかあったじゃないですか。

 

真中 はい。

 

大久保 これライオンズがそういう状況だと思うんですけど。

 

真中 そうですね。まあ、ライオンズは今年1年ずっと打ち勝ってきたじゃないですか。

 

大久保 確かに。

 

真中 だから、投手陣が苦しくて後ろが打たれて苦しいゲームもあると思うんですけど、とにかく打ち勝っていきましょうよ。

 

大久保 そうですね。

 

真中 そういう野球でいきましょうよ。

 

アナ 盗塁もたくさん見られましたし、バットでも足でも西武らしさが帰って来た試合となりました。

 

 

以上です。

山川はこれで復調となるかはこれからですね。

おすすめの記事