2018年9月8日 阪神金本監督の試合後コメント(敗戦) 小野乱調

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2018年9月8日vs読売ジャイアンツ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 

【試合展開】

阪神の先発は小野、巨人の先発は菅野で始まる。両先発共に初回にランナーを出すが無難に凌ぐ立ち上がり。2回裏に阪神の陽川のソロホームランで先制する。ここから4回まで両先発共に踏ん張り0行進。しかし、5回に小野が菅野からヒットを打たれて出塁されてから色々と始まる。ここから1番坂本が2ラン、2番重信は四球で出塁し4番岡本が2ラン、5番亀井がヒットで出塁し6番ゲレーロが2ラン。この回に3本の2ランを打たれて一挙に6点で5点差。7回にもマギーがソロホームランを打ち6点差。阪神は6点差の9回裏に山口俊から1点だけを返して終了。2-7で阪神の負け。G+とMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。

【金本監督の試合後のコメント】

―5回6失点の先発小野について

金本 全部高めのストレートを狙われたね。4回までは良かったんだけど、突然コントロールが乱れてしまって、ストライクが欲しいから外の真っ直ぐが狙われていた。もともとコントロールがいいわけではないんだけど、アウトコース待ちの場面でインコースを攻め込む勇気を持ってほしかったね。もっと踏み込まれないようにしないとね。突っ込んで投げる勇気が欲しかった。

以上です。

小野がいつも通り急におかしくなって試合がぶち壊されました。