2018年7月17日のvs.巨人戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

この試合の先発は阪神が岩田、巨人がヤングマンで始まりました。両先発共に3回までほぼ完璧な内容。特に岩田は最初の9人の打者に対して6奪三振と絶好調に見えましたが、4回にあっさりと捕まる。ヒットと四球が絡み亀井に2点タイムリーヒットを打たれて先制され、更にチャンスを作られてピッチャーのヤングマンにも2点タイムリーを打たれてこの回に一挙4点を取られる。阪神は5回裏にようやくヤングマン攻略の糸口を見つけて梅野のタイムリーで2点を返すが追い付かない程度の反撃。9回裏に巨人はマシソンを投入し2アウトまではアッサリ取りましたが、3アウト目となるショートゴロを吉川大幾が捕れずエラーとならないミスで出塁してから、続く打者の伊藤隼太と鳥谷が連続四球で2アウト満塁となり、この場面で2点タイムリーを放った梅野が出て来てレフトに大飛球を放つも亀井がナイスキャッチし試合終了。2-4で阪神が負ける。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

―梅野の最後のシーン

金本 向こうの守備位置だな。同点OKの守備位置をジャイアンツが取ったのでそこでしょう。

 

―相手先発のヤングマンについて

金本 ボールも速いし、カーブも良かったので、正直よく2点取ったと思ったんけどなあ。もう1点取りたかったけど色々と言ってもキリがない。

 

―岩田がヤングマンにタイムリーを打たれたことについて

金本 追い込んでから甘く投げてしまった。それが試合を決めてしまった。それが全てでしょう。

 

―ロサリオが今日復帰した(※使わなかったけど)

金本 もういいですか。

 

 

以上です。

紙一重で負けている感じがありますけど、とりあえず阪神は弱いです。

おすすめの記事