2019418日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で敗戦し、今季初の同一カード3連敗となった福岡ソフトバンクホークスについて谷沢健一、デーブ大久保、達川光男がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



大久保 ソフトバンクって王会長が本当に生たまごをぶつけられながらホークスを作っていって、秋山幸二監督が柳田や中村晃を育てて、それが今は怪我とかでいないじゃないですか。

 

達川 そうですね。今はいないですね。

 

大久保 普通はこれぐらいの戦力でどの球団もやってるんですよ。

 

谷沢 うん。

 

大久保 柳田とか中村みたいないい選手ってあんまいないじゃないですか。だからここらで工藤監督の采配が大事になってくるんじゃないですか。今の戦力でどう勝つかが。

 

一瞬だけ沈黙

 

達川 あっ、私が答えるんですか?

 

大久保 去年までチームにいたんでお願いします。

 

達川 投手陣が安定しているんで、やっぱり野球は投手なんで。

 

大久保 そうですよね。

 

達川 まあそれにしてもちょっとね。今日の試合はフォアボールがゼロで選らべてないんですよ。

 

大久保 はい。

 

達川 だから若い選手が積極的にいってるようで、狙い球じゃないのにストライクゾーンを打ちにいってるというころがちょっと心配なところがありますね。

 

大久保 谷沢さんならそういう若い選手たちにどういう指示を出しますか?

 

谷沢 やっぱり環境が整ってるから、思い切ってファームでやってるような練習の成果を力一杯出せってことですよね。

 

大久保 それでいいんですよね。

 

谷沢 でも達川さんは甲斐のことを世界一とね。

 

達川 2位です。

 

谷沢 あっ、2位か。モリーナが1位か?

 

達川 モリーナはワンバウンド捕球が1位ですね。

 

谷沢 達川さんの言葉を聞いてると自分が育てたというようなね。

 

大久保 ()

 

達川 それはない。それはないです。それはないですけど。まあ本当にいいキャッチャーということを皆さんに知ってほしいということで。

 

 

以上です。

今くらいの戦力でやりくりが監督の腕の見せ所ですかね。
おすすめの記事