2019418日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦でチームトップの第5号ホームランを放った東京ヤクルトスワローズの村上宗隆について元中日の谷沢健一、デーブ大久保、元広島の達川光男がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の村上の打撃内容

1打席目 ピッチャーゴロ

2打席目 フォアボール

3打席目 レフトホームラン

4打席目 セカンドゴロ

 

 

谷沢 達川 デーブの解説

稲村 ヤクルトは試合には敗れましたが、村上選手がここ4試合で3ホームランという成績です。

 

大久保 ここは谷沢さんに解説して頂きたいんですけど。

 

谷沢 はい。

 

大久保 この活躍とこれからの課題について。

 

谷沢 先日もインサイドのボールをライトにホームランを打ちましたけどね。

 

大久保 はい。

 

谷沢 今日のように肩口から入ってくるボールも無理せずに引っ張らないで、レフト方向に、左中間の方向に押っ付けて打つというね。

 

大久保 はい。

 

谷沢 これは率も上がってきますよね。

 

大久保 そのまま今の状態でいいってことですね。

 

谷沢 いいと思います。基本的にやはり左ピッチャーに対してはショートの頭を狙っていく。これでミートが良くなれば肩口からの変化球でもライトに引っ張ってもいいんだけどね。

 

大久保 なるほど。

 

谷沢 はい。

 

大久保 達川さん、キャッチャー目線から見て村上を抑えようと考えたらどういう攻めになりますか?

 

達川 やっぱり金属バットから木製バットに変わってるんで、とりあえずインコースを意識させたいなというところで、とりあえずインコース中心に攻めますよね。

 

大久保 じゃあ、これからはちょっと厳しくなってきますよね。

 

達川 そう思いますね。

 

稲村 未来の4番ですから期待ですね。

 

大久保 そうです。

 

 

以上です。

高卒2年目なのでまだまだ課題ありですね。
おすすめの記事