2018年10月28日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで2戦を終えて1安打しか打てずに不調の柳田悠岐について横浜で監督をしていた大矢明彦、元近鉄西武の金村義明、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 今日の試合でソフトバンクは4回にチャンスを作りましたが4番の柳田選手が三振でした。

 

岩本 金村さん、柳田に対して徹底したインサイド攻めでした。

 

金村 いやぁ、もうビックリしたと思いますよ。まさかインサイドにガンガン来るとは思っていないでしょうね。

 

岩本 もう途中からは踵体重になって後ろに下がってましたね。

 

金村 うん。もう肩の開きの反応が早いんですよね。

 

岩本 大矢さん、キャッチャーからするとそういう目の前のバッターが、ちょっとでも迷いが生まれているというのは瞬時に感じるもんですか?

 

大矢 それはスイングの仕方とかステップの仕方で感じるんですけど、このシリーズは初戦の第1打席からカープバッテリーはインローのスライダーを上手く使ってる。大瀬良のスライダーから始まっているんですけどね。

 

岩本 なるほど。

 

大矢 1打席、1打席で攻めが変わっているんですよ。攻めが全く逆にきているんで、だから僕らで言うと、バッターの後追いになっている。

 

岩本 はい。

 

大矢 やられた球が印象に残って、それを打たなきゃいけないと考えてしまって次の打席では全く逆で来られるから。

 

岩本 うーん。

 

大矢 柳田自身は次に何を狙って打ったらいいのか分からない状態じゃないかと思うんだよね。

 

岩本 一層の迷いが生まれるんですね。

 

大矢 そうなんですよね。

 

 

岩本 これ2試合の結果ですけど。

 

柳田の日本シリーズ1戦目、2戦目の打撃内容

第1戦二ゴ見三振死球空三振敬遠
第2戦左飛空三振中安四球

 

岩本 第1戦は2三振してます。そして敬遠もあった中で今日(10/28)の新聞ではある解説の方は『大振りし過ぎ』だと。もうそう映ってしまうぐらいまで柳田のスイングがおかしくなっていると。金村さん、こういう時にバッターは何を心掛けたらいいですか?

 

金村 やっぱり常に冷静に自分のタイミングを取ってしっかりと振ることでしょうね。まあ、それが今は打ちたいという気持ちになっているから4回のチャンスでの三振なんかだとシーズンにはあんな空振りしないでしょ。

 

岩本 うーん。

 

金村 彼は大振りでいいんですよ。

 

岩本 はいはい。

 

金村 大振りの中から崩されながらヒットを打つタイプなので。ただ、これだけ差し込まれて軸足があれだけ動くと広島のキャッチャーの石原は洞察力で全部見てますよ。

 

岩本 そうですか。普段の彼の大きなスイングは彼のストロングポイントじゃないですか。

 

金村 うん。

 

岩本 でも、そこに迷いがあって、周りの目が彼のスイングをネガティブに変えてしまっている印象ですけど。

 

金村 そう。この4回のチャンスの最後のスイングなんてシーズン中に見たことないですもんね。

 

岩本 そうですね。ちょっと迷いがあるようなスイングに見えますよね。

 

金村 軸足がずっとズレますしね。それをキャッチャー石原は常に見てますよ。だからこれはいけると思ってインサイドにグイグイグイといきましたね。

 

岩本 大矢さん、これは3戦目以降も影響があると思いますか?

 

大矢 そうですね。柳田がどれぐらいで吹っ切れるかですね。キャッチャーをやっていて一番イヤなことは反応されないことなんですよ。

 

岩本 はい。

 

大矢 だから、一番の対抗策はボール球を振らないこと。その辺をどう考えるかですね。

 

岩本 はい。徹底したインサイド攻めでした。

 

 

以上です。

インサイド攻めで崩されてます。

おすすめの記事