2018年8月22日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先制の2ランを放ち勝利に貢献したオリックスバファローズの伏見寅威について元横浜の野村弘樹、楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の伏見の打撃内容】

1打席目 セカンドフライ

2打席目 レフトホームラン (打点2)

3打席目 ショートゴロ

4打席目 空振り三振

シーズン打率.293 (8/22の試合終了時点)

 

【伏見のヒーローインタビューの一部】

伏見 追い込まれていたんで、まぐれですね。(ルーキーイヤー以来、5年ぶりのホームランについては)素直に嬉しいです。

 

 

稲村 オリックスが連敗を4で止めました。

 

野村 デーブさん、伏見寅威です。キャッチャーから1塁に転向して5年ぶりのホームランなんですけど、どう見ますか。

 

大久保 伏見のバッティング練習とかを見ていると、5年ぶりで今まで2本しか打っていないようなバッターじゃなくて、もっともっとホームランを打てるバッターなんだけども、自分に与えられた役目というのがあって、ホームランバッターではないということが染み込んでいるバッティングをしているんじゃないかと。

 

野村 なるほど。

 

大久保 ホームランを狙った打ち損じのヒットはダメだよと染み込んでいる。ホームランバッターはホームランの打ち損じがヒットなんですけどね。

 

野村 うん。

 

大久保 でも、伏見の場合はヒットを狙っての延長線上がホームランということをやっているからホームランが出ないわけで、僕ならホームランバッターに育てたくなるようなタイミングの取り方、腕の使い方、バットの角度というのは感じていたので、そんなに打ってなかったのかっていうのが実感です。

 

野村 なるほど。2本目のホームランまでちょっと時間が掛かり過ぎてもったいない感じがしたんですね。

 

大久保 僕はそう思いますね。

 

野村 だから、もう少しそっちの方に変えていくと、ホームランも量産できると。

 

大久保 そう。T-岡田がいてとか外国人助っ人がいるとホームラン以外の仕事を与えちゃったのかなと。まあ、それも大事ですけどね。

 

野村 チーム状況も含めてですね。

 

大久保 はい。

 

 

以上です。

デーブの言う通りならホームランバッターの資質はあるんでしょうね。チーム事情でこうなるのも仕方ない部分がありますが。

おすすめの記事