2019423vs横浜DeNAベイスターズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳、DeNAの先発は上茶谷。阪神は初回に糸原、糸井、大山の3連打で先制し更に福留の犠牲フライで1点追加し2点を先制。2回表には近本がタイムリーで1点。5回表には福留が3ラン。7回表にも満塁で近本が2点タイムリー。青柳は7回裏にゲッツーコースでチェンジのところを木浪がエラー、そしてその後に3ランを打たれる。試合の動きは以上。8-3で阪神の勝利。ABCラジオのレポートを参考にコメントを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―試合の感想

矢野 今日の上茶谷は立ち上がりを見て調子がいいかなと思った。得点が難しいかなというところで初回で点が取れたのは非常にいい流れだったね。

 

―打線について

矢野 相手のミスもあったけど2アウトから点も取れたのでそれも非常に大きかった。欲を言えばもう一本、もう一本と打っていくとみんなが調子に乗れていくんだけどね。

 

―福留の3ランについて

矢野 ホームラン以外にもいい打球が増えてきたね。これからも頑張ってもらいましょう。

 

―先発の青柳について

矢野 ピッチング自体は安定していた。これまでと違って打者を見て、どうやって抑えようかというのもできている。意図のあるピッチングもできているので、苦しい投手陣ではあるんだけども、これから引っ張ってもらいたいね。

 

―流れがいい

矢野 こうやって福留と青柳がいい流れを作ってくれたので、リードしている展開で守屋や島本も投げることができた。こういうところで自信が付いていくのでチーム全体として良かった。

 

―明日に向けて

矢野 今日勝ったからこそ明日も大事になってきますね。

 

 

以上です。

ハマスタはやはりホームみたいです。
おすすめの記事