2020319日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020 シーズン大展望SP』で横浜DeNAベイスターズ優勝へのキーマンのオースティンについて元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、元日ハム阪神の片岡篤史がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



アナ 優勝へのキーマンを聞きます。豊さん、新外国人選手のオースティンはやりそうですよね。

 

高木 もう確実に打つと思いますよ。

 

アナ はい。

 

高木 キャンプでフリーバッティングを見た時に、これは確実に打つだろうな、と思いました。それとオープン戦の結果で色々とありましたけど、色んなタイプのピッチャーから打ててるんですよね。対応力がある。

 

オースティンのオープン戦の成績
12試合 打率.343(35-12) 本4 点7

 

高木 だからシーズンに入っても間違いなく打つだろうなという。ホームラン王争いでソトのライバルになるんじゃないですか。

 

アナ なるほど。またここで(斎藤)雅樹さん、使いどころはどうなるんでしょうね?

 

斎藤 オースティンとソト。そしてロペスも含めるとなると、今度は外国人選手の枠の問題も絡んでくるのかなという気もしてますけど。

 

アナ そうですね。

 

斎藤 まあオースティンはオープン戦で非常にいい成績を残したんで、期待してます。

 

アナ うんうん。片岡さん、それにしてもDeNAはいい外国人選手を連れて来ましたね。

 

片岡 ただね、外国人だけは分からないですよ。

 

一同 ハハハ()

 

アナ あっ、そうですか。片岡さんはそう思う?()

 

片岡 オープン戦で本当に素晴らしい成績を残してますけど、キャンプで見た時には先ほど斎藤さんが言われた通り外国人枠の関係もあるんで、そんなに期待はしてなかったんですけど、やっぱりオープン戦の結果でここまで来ましたよね。

 

アナ はい。

 

片岡 もう今や立派なレギュラーですよね。もう使っていこうという選手になりましたよね。

 

アナ うーん。

 

片岡 ただ、外国人選手は分かりませんよ()

 

アナ なるほど() 随分とそこにこだわりますね()

 

片岡 それは声を大にして言っておきます。

 

一同 ()

 

 

以上です。

ロ○リオのトラウマに苦しむ片岡でした。
おすすめの記事