2018年10月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で谷繁元信が考える広島カープ日本一へのキーポイントをフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。途中で池田親興も登場します。

 



フリップを出す

『短いようで長い短期決戦』

 

 

谷繁 これです。短いようで長い短期決戦。これは7試合しかないんじゃなくて、7試合もあるんですよ。

 

アナ うん。

 

谷繁 確かにソフトバンクが強いというのは分かるんですけど、やっぱり正直どっちが不利かと考えたら広島だと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

谷繁 でもね、流れを変える男が広島にはいるんですよ。新井です。

 

アナ おぉぉ。

 

谷繁 厳しい場面で彼が代打に出て、彼が1本打ちます。そのことによって広島に流れが絶対に来ると僕は思います。

 

アナ なるほど。

 

谷繁 そうなると、広島が日本一になる。4勝3敗で。

 

アナ はい。

 

谷繁 だから、あとは新井の使い方ですよね。マツダスタジアムから日本シリーズが始まるんで、まずは代打だと思うんですよね。

 

アナ うん。

 

谷繁 それでヤフオクドームに行ったら、もしかしたらDHという使い方。だから僕はキーになるのは新井の1本のヒットというので流れがグッと変わる。新井も今年で引退しますから花道を飾りたいと自分でも思っているでしょうし、みんなで最後にいいお酒を飲みたいと思っていると思うんですよね。

 

アナ 谷繁さんは日本シリーズに出た経験があるから『短いようで長い』と。

 

谷繁 そうですね。僕も経験があるんですけど、1試合2試合負けても何かを変えれば流れが変わる経験があるんですよ。

 

アナ うん。

 

谷繁 僕の経験から言えば、リードを変えたんですよ。

 

アナ はい。

 

谷繁 その瞬間に流れが変わったんですよ。攻め方をガラっと変えたら。極端に何かを変えれば流れって僕は必ず変わると思うんですよね。

 

池田 クライマックスシリーズは同じ場所だけでやるけど日本シリーズは行ったり来たりするから色々変わりますよね。

 

谷繁 はい。

 

池田 2003年にダイエー阪神で内弁慶シリーズもありましたしね。

 

アナ ありましたね。日本シリーズでは誰か1人を眠らせるというのもありますよね。

 

谷繁 そうですね。僕もそういうことをやっていたんですけど、ソフトバンクと当たったときは内川を何とか抑えようとしたりしてました。

 

アナ なるほど。

 

谷繁 あとはとにかく初戦がとにかく大事だと思うんですよ。よく2戦目が大事とか言われているんですけど、僕は絶対に1戦目が大事だと思うんですよ。

 

先勝チームが日本一になる確率(初戦引き分けを含む)

過去68回の日本シリーズで43回が先勝チームの日本一

優勝確率63.2%

 

 

アナ 先勝したチームの日本一確率は63.2%です。

 

谷繁 はい。広島はホームで始まるというのもいい材料だと思うんですよ。とにかく1戦目を勝って流れをまず掴んでほしいですよね。

 

アナ はい。

 

谷繁 あとね、2017年はCSのファイナルで負けて悔しい思いもあるはずなんです。更に2016年は日本シリーズで負けているという悔やしさも持っていますしね。

 

アナ はい。

 

谷繁 そういう思いが僕は物凄く強いと思うんですよ。

 

 

以上です。

谷繁の予想は4勝3敗で広島です。

おすすめの記事