2018年6月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦で1-0で来日初完封で7連勝の千葉ロッテマリーンズのボルシンガーについて元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



【この日のボルシンガーの投球内容】

9回112球、被安打4、奪三振7、四死球2、失点0

今季8勝1敗 防御率2.06 (6/16の試合終了時点)

 

【ボルシンガーのヒーローインタビューの一部】

ボル 本当に嬉しいです。いつも言っていますがキャッチャーの田村に傾向や対策を聞いていますし、田村がいてこその自分だと思います。本当に信頼していますし、感謝の気持ちで一杯です。

 

 

アナ 谷沢さん、ボルシンガーをどう見ますか?

 

谷沢 あのナックルカーブですね。ナックルカーブをどこで捉えるか。どの位置で捉えるかね。例えばボールの落ち際なのか、落ちてからなのか。落ちてからじゃなさそうだね。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 落ち際を捉えるようにね。それはやっぱり何回も対戦しないと攻略法は見つかってこないと思うんだけどね。

 

アナ 豊さん、その辺の微妙なナックルカーブというのはありますよね。

 

高木 まあ、そうですね。それと千葉マリンの風ですよね。それで変化も大きくなるしね。あとはキャッチャーの田村の事を信頼していますよね。だから、投げていて安心感があるんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。これはもう後半は活躍が間違いないんじゃないかというボルシンガーです。

 

5月から負けなしの7連勝中

5/45/125/195/266/26/106/16
日ハム西武SBオリカープ阪神巨人

 

以上です。

ボルシンガーのナックルカーブがなかなか打てないですね。かなり独特なんでしょうかね。どこのチームも苦労しています。初対戦だとかなり打ちにくいんでしょうね。

おすすめの記事