2018年10月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.阪神タイガース戦で最後の登板をし引退セレモニーを行った東京ヤクルトスワローズの松岡健一と山本哲哉について元阪神南海の江本孟紀、元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



衛藤 真中さん、ヤクルトの松岡投手と山本投手の最後の登板でした。

 

真中 まあ、本当に中継ぎとしてこの二人は本当に貢献したんですよね。

 

衛藤 はい。

 

真中 良いときもあれば悪いときもありましたけど、本当に僕らにとっては思い出に残る選手たちですね。

 

衛藤 うーん。

 

真中 チームメイトもみんな見に来てね。(※スタンドには畠山、大松、成瀬の姿がありました)

 

高木 二人にどんな言葉を掛けてあげたい?

 

真中 うーん。お疲れ様ですね。

 

高木 なるほど。

 

真中 よく頑張ったな、でいいと思うんですけどね。

 

高木 江本さん、松岡は中継ぎで本当に毎日投げてんじゃないかというぐらいでした。

 

江本 本当にね。『えっ、また松岡!?』みたいなね。

 

真中 うん。

 

江本 まあ、だけど、よくずっとこうやって投げ続けてこれられたと思いますよ。

 

真中 松岡は本当に故障が少なかったですからね。ほとんど毎年投げてましたしたね。

 

高木 うん。

 

真中 ただ、松岡の親父の海苔が食べられなくなるのは少し寂しいですね。

 

高木 そうですか。送ってきてもらってたの?

 

真中 はい。たまに海苔を貰ってました。

 

高木 それはいいねぇ。

 

真中 賄賂でも何でもないですよ。みんなに配ってました。

 

江本 みんなそうやって応援していたんですよ。

 

高木 うん。

 

江本 家族もみんなが松岡を応援していたんです。

 

高木 俺は1枚も食べたことない。

 

衛藤 フフフ(笑)

 

真中 美味しいですよ。じゃあ、今度話をしておきますよ。

 

高木 今度食べてみたいよね。

 

衛藤 食べてみたいです。

 

高木 うん。

 

衛藤 松岡投手、山本投手、本当にお疲れ様でした。

 

高木 お疲れ様でした。

 

 

松岡健一 36

通算491試合32勝25敗、127H、4S 防御率3.78

東海大二高→九州東海大→ヤクルト (2004年自由枠)

 

山本哲哉 33

通算228試合6勝11敗、55H、14S 防御率3.07

南部高→近大→三菱重工神戸→ヤクルト (2009年ドラフト2位)

 

 

以上です。

あまりしんみりするような感じもなく話していました。

おすすめの記事