2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ 楽天のドラフト指名です。小関さん、いかがでしょうか?

 

小関 一番評価が難しい(笑)

 

アナ そうですか(笑)

 

西尾 一番独自路線の指名でしたね。

 

アナ まず1位では昌平高校の吉野創士を単独指名。更には西尾さんも注目と事前に言っていた2位の安田選手。

 

西尾 ひょっとしたら上の方で指名があるかなと思ってましたけど、思ったより早かったですね。

 

小関 3位の前田銀治もそうだよね。

 

西尾 この上位3人は・・・野手・野手・野手ですよね。みんなどちらかと言うと強打者タイプで、逆に言えば育成が難しい選手なので、まあそこに敢えて挑戦しようというのは面白いですよね。

 

小関 楽天はこれまで右の大砲で内田とか取ってきたり、みんな伸び悩んでいるところですから、一番苦手としてる分野に挑んだ感じですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 ピッチャーも4位泰投手でも完成度よりも将来性重視の指名なので、面白いというか、ハイリスクハイリターンな指名だったかなという感じがしますね。

 

アナ はい。スカウトの一言コメントを紹介します。1位吉野選手は「走攻守の三拍子があってスケールの大きい」、2位の安田選手は「スケールの大きな打者として可能性を感じる」、3位前田選手は「将来的にはトリプルスリーを期待したい」と。

 

西尾 前田選手は足が速いですからね。

 

アナ 4位泰選手は「投げっぷりと腕の振りが良い」、5位の松井選手は「勢いのあるストレート、長身からの角度が良い」、6位西垣選手は「落差のフォークが武器」、7位吉川選手は「コントロールの良さと打者に向かって行く気持ちがある」という事です。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

独自路線を突っ走ったみたいです。
おすすめの記事