2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で千葉ロッテマリーンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ ロッテのドラフトを見ていきましょう。1位が松川虎生です。驚きました。

 

小関 驚きましたね。

 

アナ 小園選手の指名との情報もありましたが松川選手の指名でした。

 

小関 キャッチャーがいると言えばいるんだけど、まだ不安定なんですよね。

 

アナ そうですねぇ。

 

小関 そこに将来を背負ってもらいたい松川を指名したと。選抜の時は非常に良かったですしね。冒険という感じはしないですし、良さはみんなが知っている選手ですね。

 

アナ はい。

 

小関 むしろ2位の池田の方が冒険という感じがしますね。

 

西尾 そうですね。ちょっとビックリしましたね。

 

アナ そして3位で注目の廣畑が残っていたと。

 

小関 いやいや、これはラッキーですよね。この選手は本当に球が速いですからね。見るからに速い。ボールが浮き上がってくるから。ちょっとソフトバンクの森唯斗に似たタイプだと思いますね。

 

西尾 そうですね。コントロールもいいですし、本当に即戦力だと思いますね。

 

アナ ポスト益田ぐらいですか?それとも先発なのか。

 

西尾 どっちでもいけると思いますけどね。本人には先発の希望があるみたいですね。でも別にリリーフでやれと言われれば出来ないわけでもないでしょうしね。

 

小関 どちらでもいけますよね。

 

アナ ロッテのプレスリリースによりますと「ゲームメイク能力が高い選手」という評価で即戦力で1年目から計算できる選手として獲得したようです。

 

小関 ビックリしましたね。一巡目で消えると思ってましたからね。

 

アナ そして4位秋山選手なんかも注目ですね。

 

小関 チェンジアップなんかがね。プロでも勝負できるんじゃないですかね。

 

アナ ロッテは左腕でローテを守ったのが去年のドラ1の鈴木がシーズン序盤だけで、あとは小島ぐらいですからね。

 

小関 ちょっと足りないですよね。

 

アナ ロッテもまずまずの指名でしたね。

 

小関 いいと思いますね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

松川がどんなバッターになるのか楽しみ。
おすすめの記事