2018年7月22日のvs.横浜DeNA戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

この日の先発は阪神・メッセンジャー、横浜DeNA・今永で試合が始まる。阪神は初回に糸井のタイムリーで1点を先制するが、その裏にDeNAソトのソロホームランで同点。阪神は次の2回表にナバーロが来日初ホームランを放ち1点追加、更に糸原のタイムリー2塁打で1点を追加しこの回に2点。更に3回表にロサリオが2ランを打ち2点を追加。その後も糸井がソロホームラン、陽川にもホームランなどでこつこつと点を積み重ねて合計11点を取る。先発全員安打で調子も上り調子かもしれません。先発のメッセンジャーは6回に1点を許すも7イニング2失点でまとめてお役御免。阪神は余裕を持って勝利の予定でしたがメッセンジャーを引き継いだ投手が5点取られて少し焦りましたが何とか勝利。最終スコア11-7。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

―先発のメッセンジャー7度目の二桁勝利

金本 それはもうおめでとう。まあ、安定感が非常にある。考えることができるピッチャー。時にはパワーピッチであり、時には頭を使ったり、時に駆け引きを使える。こういったところで考える力が無いと、この世界はダメなので、メッセンジャーには考える力がある。中5日は本人の希望でなっているわけだし、その方が本人もリズムがいいと言っていたので、これからもドンドンその形になるかな。

 

―ロサリオについて

金本 今日もホームランがあったけれども、右投手のスライダーに関してアジャストできるようになってきた。ホームランの後に良い当たりのショートゴロが2本あった。ボール球もバットが止まるようになってきている。期待通りのバッティングがそろそろ出るんじゃないかな。駆け引きというところでも見逃したりもできるようになってきている。

 

―ナバーロについて

金本 ツボに来ればホームランがある。

 

―久々にホームランが出た陽川について

金本 今日のスタメン起用を迷ったんだけど、いかせて良かった。迷ったんだけど、みんなでもう少し見ようかということでスタメン起用して本当にいかせて良かった。

 

―打撃陣についてまとめ

金本 あとは甲子園で打てていないので、甲子園でこれぐらい気持ちのいいバッティングを見せてほしいね。

 

 

以上です。

ホームランが4発出た素晴らしい試合でした。快勝です。

おすすめの記事