2018年7月21日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で猛打賞3打点の活躍で最後にサヨナラホームランを打って試合を決着させた東京ヤクルトスワローズの川端慎吾について元中日の谷沢健一、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの小穴浩司と共に語っています。

 



【この日の川端の打撃内容】

1打席目 レフトフライ

2打席目 ライト前ヒット

3打席目 センター前ヒット

4打席目 ショートゴロ (打点1)

5打席目 ライトホームラン (打点2)

シーズン打率.270 (7/21の試合終了時点)

 

【川端のヒーローインタビューの一部】

川端 (打った瞬間の感触は?)正直いったと思いました。凄く勢いに乗っているんで、この勢いで明日も勝ちたいです。

 

 

アナ 川端選手が見事なサヨナラホームラン。真中さんとしては苦しんだ時期も知ってらっしゃいますので。

 

真中 はい。そうですね。今日も見事でした。昨日(7/20)も決勝のホームランを打ちましたしね。

 

アナ はい。

 

真中 そして、今日はサヨナラホームランですよね。やはり勝負強いバッターが元気で活躍できるっていいことですよね。

 

アナ そうですよねぇ。神宮もかなり盛り上がりました。そして、左バッターという意味では真中さんもそうですが、谷沢さんはこのバッティングをどう見ますか?

 

谷沢 はい。川端君はヘルニアで腰を手術して、非常に腰を悪くしてバッティングの形を変えつつありますよね。無理をして左の腰を止めてレフト方向に流すバッティングが数少なくなってきましたね。

 

アナ あっ、そうですか。

 

谷沢 だから、腰の回転がね、昨日のホームランでもそうですけども、今日もステップを小さくして、腰の回転を速くするような、鋭くするような、そういう打法に変えてきましたよね。

 

アナ そうですか。開幕直後こそは上手くヒットを打てなかったと川端選手が話をしていましたけども。

 

谷沢 はい。春先はまだ腰の回転がスムーズにはいっていませんでしたね。怖々とやっていましたね。

 

アナ ここから怖いバッターに変わっていくと。

 

谷沢 いやぁ、もう十分にヤクルト打線の中心バッターになっていきますよ。

 

アナ そうですねぇ。ヤクルトが見事に勝利を収めています。

 

 

以上です。

完全復活という感じかもしれませんね。川端が打ちまくるようであれば来年以降も渋い働きでチームの順位を押し上げるような活躍をするでしょう。

おすすめの記事