2018年6月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島戦で同点の場面の9回表に登板した阪神タイガースのドリス。風邪から復帰後の初登板でまさかの大乱調でした。この事について元日ハムの岩本勉、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の斉藤明雄がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日のドリスの投球内容】

1/3回22球、被安打2、本塁打1、四球1、失点5

この日のドリスは風邪で一度抹消されての復帰初登板

 

 

アナ 阪神は一度追い付きながらの大敗。

 

岩本 そうですね。ドリスが体調不良から帰って来て、これはあんまりやりたくなかったんですけど。

 

アナ はい。

 

岩本 『ド、ド、ドリスの大乱調♪』

 

アナ (無言で頷く)

 

岩本 やってしまいました。

 

アナ はい。

 

岩本 いや、これは意味があるんですよ。

 

一同 (笑)

 

岩本 いや、これは意味があるんで最後まで聞いてください。

 

アナ はい。あってほしい。

 

岩本 まず、ドリスについて谷繁さん、ちょっと解説頂けますか。

 

谷繁 はい。

 

岩本 まず送りバントをピッチャー前にされて悪送球で守備のミスがありました。何か地に足が付いていないですよね。

 

谷繁 まあ、体調不良でマウンドに上がってきて、この場面でいきなりっていうのもね。

 

岩本 はい。

 

谷繁 やっぱり酷だと思ったんですけども、そういうのと何なんですかね。こうなるのは・・・なかなか理由を探せと言っても、難しいですよ。

 

岩本 負のスパイラルという言葉をよく使いますけども、自分で作った悪循環ですよね。

 

谷繁 そうですね。

 

岩本 明雄さん、いかがですか?

 

斎藤 これ先頭打者の西川がレフトにツーベース打ったでしょ。あの真っ直ぐを打たれて自分の中で自信を無くしたのかもしれませんね。あの高めの球を打ち返されたので、ちょっと考えすぎているのかなと感じましたね。

 

岩本 なるほど。

 

斎藤 バント守備でもステップしてちゃんとやっているんだけど、捕ってからの動作がちょっと遅いのかな。

 

岩本 あぁぁ。

 

斎藤 ステップはちゃんとしているんだけど、捕ってからの動作が少し遅いように見えますね。

 

岩本 リズミカルに処理ができていませんでしたよね。

 

斎藤 はい。

 

岩本 これ岩本の期待を裏切る『ド、ド、ドリスの大乱調♪』とよく言うのは、実はドリスがマウンドに立ち、結果を残してやりたい事があるんですよ。

 

アナ あっ、本当はこんなことを歌いたくないと。

 

岩本 そうです!今、悪いドリスを見といてくださいね。

 

アナ はい。

 

岩本 でも、必ず良いドリスが帰って来て、私がこの日曜日のプロ野球ニュースで阪神ファンの方々と、そしてスタジオにおられる皆さんと一緒に意気揚々と『ド、ド、ドリスが絶好調♪』

 

谷繁 ハッハッハ(爆笑)

 

岩本 いつか歌いたいんですよ!

 

アナ なるほど。

 

岩本 皆さんと歌いたいんですよ。もう今日は阪神ファンの方々から叱咤激励をようさん貰うつもりで、今思い切ってやったんですけど。

 

アナ なるほど。

 

岩本 いつか絶好調のドリスが見たいということです。

 

アナ いつかそっちの歌が聴ける日を楽しみにしています。

 

岩本 はい。

 

過去にも岩本は歌っていました

 

以上です。

ドリスの大乱調。久代アナはガンちゃんの変なノリに合わせてあげていますね。

おすすめの記事