2018年7月22日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で痛恨の3連敗を喫した読売ジャイアンツ。キャッチャーは小林を使ってほしいと元ロッテの里崎智也が語っています。前半は元横浜の平松政次と元日ハムの岩本勉が広島の強さについてフジアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



話は広島目線で進んでいきます

 

アナ カープがこのカード3連勝。ジャイアンツとのゲーム差が8に広がりましたね。

 

岩本 まあ、その試合内容も競って競って、逆転逆転で結局はカープがものしているということなんですよね。

 

アナ はい。

 

この3連戦のスコア

7月20日 10-9 広島の勝ち

7月21日 7-5 広島の勝ち

7月22日 8-6 広島の勝ち

 

 

岩本 平松さん、このカープの強さ、機動力を生かすという野球というのが戦術としてあるじゃないですか。

 

平松 うん。

 

岩本 今日の試合は、まあ、空中戦で打つわ打つわ。

 

平松 ですからね、強いチームというのはどういうゲームもできるということですよ。

 

岩本 はい。

 

平松 足を使って1点を取りにいって勝つゲームもあれば、これだけ点差(6点差)を離された試合では空中戦しかないわけですから。

 

岩本 なるほど。

 

平松 それを打つバッターがいるというね。やっぱり、この3試合を見てね、広島は強いということが言えますよね。

 

 

【ここから小林の話題に】

岩本 うーん。里崎さん、ここまで打線が好調だとバッテリーも大胆な攻めに転じることができるんじゃないですか?(※広島のバッテリーについて聞いているのですが里崎が巨人小林の話をしだします)

 

里崎 まあ、できるんですけど、今のジャイアンツのキャッチャーは経験値がないので、多分、言われた通りにやっていると思うんですよ。

 

岩本 はい。

 

里崎 ミーティングで言われた通りに自分で変化を作ったりせずに。

 

岩本 打つ方じゃなくて、打たれる方に何か問題があると。

 

里崎 だから、ここは思い切って小林でいきましょう。小林の意地を見たいですね。

 

岩本 うん。

 

里崎 ここまで休んでいて、試合に出られなくて、この休んでいる間に色んなことを勉強したと思うんで、その意地をね。

 

岩本 なるほど。

 

里崎 その意地がもしかしたらジャイアンツを変える可能性があります。

 

岩本 はい。小林選手が意地を見せる試合を見たいですよ。

 

 

以上です。

小林が干されているのは疑問ですね。大城とか宇佐見だとピッチャーは安心感ゼロでしょうね。

おすすめの記事