2018年7月22日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で決勝ホームランを放ち7月22日現在でトリプルスリーを射程圏に収めている東京ヤクルトスワローズの山田哲人の3度目のトリプルスリーができるかどうかについて元横浜の平松政次、元日ハムの岩本勉、元ロッテの里崎智也がフジアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【この日の山田の打撃内容】

第1打席 四球

第2打席 四球

第3打席 ショートゴロ

第4打席 レフトホームラン (決勝ホームラン)

打率.306、本塁打22、盗塁21 (7/22の試合終了時点)

 

【山田のヒーローインタビューの一部】

山田 (決勝ホームランについては)まあ、追い込まれていましたけど、とにかく自分のスイングをしようと、しっかりとフルスイングしようと思っていきました。(打った瞬間の感触は)しっかりと芯にも当たっていたんで、ホームランと思いました。(トリプルスリーについては)そうですね。個人的な目標としてトリプルスリーというのは達成したいと思っているんで、頑張りたいと思います。

 

 

アナ スワローズはこのカード3連勝です。

 

岩本 はい。平松さん、山田哲人は3度目のトリプルスリーがあるんじゃないですか?

 

平松 うん。まあ、いくでしょうね。

 

岩本 あぁぁ。

 

平松 あとは打率ですね。打率は上げ下げがありますのでどうなるかですけど。

 

岩本 ホームランと盗塁は減らないですもんね。

 

平松 そう。減らない。この2つはいくでしょう。あとは打率。

 

岩本 里崎さん、3度目のトリプルスリーに向けて山田哲人にお願いします!

 

里崎 はい。盗塁で走っていますし、いい形で夏場でもキレを落とさずに、成績を落とさずに頑張れていますよね。まあ、いくんじゃないですかね。

 

岩本 おぉぉ。いけるんじゃないかと。もう前人未到と言ってもいいですからね。

 

アナ はい。

 

岩本 ナイスバッティング!!

 

 

以上です。

3度目のトリプルスリー見たいですね。このままいけばいけそうですけど、打率をもうちょっと余裕を持ってキープしてほしいところですね。ホームランと盗塁は全然余裕でいけるでしょう。

おすすめの記事