201995日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs中日ドラゴンズ戦で先発の桜井が好投するも、その後のリリーフ陣が打たれ継投に失敗し5連敗となった読売ジャイアンツについて元横浜の平松政次、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の斎藤明雄がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の巨人の継投
桜井 7回  安1 失0
中川 2/3回 安2 失3
マシソン 0/3回 安1 失0
田口 1/3回 安0 失0
デラロサ 1回  安0 失0

 

稲村 巨人は中日にカード3連敗。チームも5連敗です。

 

大久保 平松さん、今日は継投をお聞きしたい。

 

平松 はい。

 

大久保 勝ちパターンの継投でいってるじゃないですか。

 

平松 もちろんそうですよ。打たれてしまった中川なんかもデラロサがいなかったらストッパーをやってましたからね。

 

大久保 はい。

 

平松 デラロサがいるからその前を投げてるんだけどね。調子は悪いというわけではないだけど、信頼もあると思うんだよね。

 

大久保 はい。

 

平松 今のジャイアンツのチーム状態は雰囲気が良くないんで、何とかしなきゃいけないという気持ちがあったと思うんですよ。

 

大久保 そうですね。

 

平松 まあそういうところがミスやら失投を生むんだけど、マシソンも経験豊富だから色々知ってると思いますよ。

 

大久保 明雄さんは巨人のリリーフについてはどうですか?

 

斎藤 私は中川を少し引っ張りすぎたかなと。

 

大久保 あっ、そうですか。

 

斎藤 信用し過ぎたと思います。今日は試合前の時点でチームが4連敗していて、20で勝っていて、8回裏 2アウト1-3塁で石垣を迎えたじゃないですか。

 

大久保 はい。

 

斎藤 あそこは勇気を持ってマシソン。

 

大久保 いきなりですか。

 

斎藤 スイッチです。それで9回にはデラロサがいますからね。

 

大久保 はい。

 

斎藤 あそこで2点守りきれないところに脆さがありますね。だから連敗してると思うんですよ。僕なら勇気を持ってマシソンでいって、最後にデラロサでいくのが正解だったと思いますけどね。

 

大久保 なるほど。これはピッチャーの人と野手の人の感覚が違うんですよね。専門家のお話は勉強になりますね。

 

 

以上です。

先発を中5日連発してるのが波及しています。
おすすめの記事