2019年2月25日に関西テレビで放送された『報道ランナー』で阪神タイガースの元コーチの片岡篤史が新外国人助っ人のマルテとドラフト3位ルーキーの木浪聖也のキャンプでの評価について関西テレビアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

 



マルテについて

アナ 去年のロサリオ選手の例があったんですけど、マルテ選手はどうでしょうか?

 

片岡 (ロサリオの事があって)あんまり皆さん語りませんよね。

 

アナ 語らない。本当に皆さん、マルテ選手については口を閉ざされるんです(笑)

 

片岡 ただ、実戦形式でいきなりホームランが出たんでね。(※2月11日の紅白戦)

 

アナ そうですね。

 

片岡 これについては本当に一番本人が安心したと思うんですよ。

 

アナ はい。

 

片岡 あんまり軸がブレないんで。ですから、あとは変化球ですよね。

 

アナ そうですね。

 

片岡 バッティングのタイミング、間が大事ですね。日本の野球というのはボール球を振らそうとするんで、そこにどういう風に対応していくかというのがポイントですね。

 

アナ 楽しみです。

 

 

木浪について

アナ 木浪さんは北條さんとは青森で同い年でライバルだったという関係で。

 

片岡 高校時代はいつも光星学院の北條が勝ってたみたいなんで、木浪の方がライバル意識を強く持っていると思うんですよ。

 

アナ 解説者の皆さんは木浪さんの評価が軒並み高いですよね。

 

片岡 やはり木浪の場合は未知数というところだったので、実戦で結果が出てますしね。見ていてもタイミングの取り方、インコースのさばき方も素晴らしい。

 

アナ はい。

 

片岡 タイミングを取る時に非常に右足がゆっくり着くので、ズラされても対応できるんで、日に日に首脳陣の評価が上がってきてますね。

 

アナ 内のインコースをさばいたと思ったら、外のボールを逆方向に打ち返すという。

 

片岡 また守備面でもそつなくこなせますので、これから1軍の投手と対戦してどういう風な打撃を見せてくれるのかというのが楽しみな選手ですね。

 

 

以上です。

マルテについては断言まではしませんでした。木浪もこれからでしょう。

おすすめの記事