2019年2月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で読売ジャイアンツの開幕投手に内定している菅野智之の仕上がりとバッテリーを組むことになることが濃厚な炭谷銀仁朗について中日で監督をしていた谷繁元信と横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



2月23日の日ハムとのオープン戦を見て語っています

 

この日の菅野の投球内容

2回41球、被安打2、奪三振1、四球1、失点2

 

 

アナ 開幕投手に内定している菅野投手はホームランを浴びるなど2失点の内容でした。

 

大矢 悪くなかったんですけどね。まあ谷繁さん、この時期に打たれてもね。

 

谷繁 全然何ともないですよね。

 

大矢 順調に調整ができているかどうかだけだと思うんで。ただ、あんまり自分で良くないのに抑えちゃうよりも、打たれてしまった方がいいよな。

 

谷繁 そうですね。

 

大矢 2イニングということで、徐々に伸ばしていくと思います。

 

ここから炭谷の話題に

 

アナ そしてこの日のスタメンキャッチャーは炭谷選手でしたが、移籍初年度は何が大切になってくるんでしょう?

 

大矢 コミュニケーションということだと思うんだけど。まあ、投げるのが菅野投手だったんで、敢えて炭谷に受けさせたと思うんだけど、新しいチームに行った時はやっぱり自分で色んなことを教えてもらったり教えたりという感じだよね。

 

谷繁 そうですね。試合の中で覚えなきゃいけないこともたくさんあるでしょうし、そのために多分スタメンキャッチャーだったと思うんですよね。

 

大矢 はい。

 

谷繁 だから、菅野のボールはこういうボール、バッターが立ったらこういうボールを投げてくるということを覚えていかなきゃいけないですよね。

 

大矢 これが第一歩なんで、これから実戦の中で色んなサイン出していったりして。

 

谷繁 そうですね。

 

大矢 逆にキャッチャーの方で覚えることが多いかもしれないですね。

 

谷繁 そうですね。ピッチャー菅野というものをやっぱりキャッチャーが覚えていかないといけないですからね。

 

 

以上です。

炭谷の補強は当たるんでしょうか。

おすすめの記事