2021年12月19日にフジテレビで放送された「S-PARK」で100人が選ぶナンバーワンの「変化球部門」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



これまで球界を代表するエースたちがしのぎを削ってきたこの部門。

 

変化球部門歴代1位
2011 ダルビッシュ スライダー
2012 前田 健太  スライダー
2013 田中 将大  スプリット
2014 金子 千尋  チェンジアップ
2015 前田 健太  スライダー
2016 千賀 滉大  フォーク
2017 千賀 滉大  フォーク
2018 菅野 智之  スライダー
2019 ジョンソン  カーブ
2020 菅野 智之  スライダー

 

今年は前代未聞の事態が・・・

 

変化球部門 第5 1人目

高橋周平 スライダーがキレがあると言いますか、速いと言いますか。

 

石川雅規 僕もあんなスライダーを投げたいなと思うような。日本ハムファイターズの伊藤投手ですかね。

 

ルーキーながら2桁勝利をマーク。日本ハム・伊藤大海のスライダーが6票。変化の大きさや球速、そして腕の位置を変えるなどして本人曰く、6種類ほど投げ分けているという、まさに変幻自在のスライダー。

 

 

変化球部門 第5位 2人目

小園海斗 下に消えるようなスライダーなんで。手も足も出なかったです。

 

ウィーラー ヤマモト スライダー ヤマモト。

 

タイトルを総なめしたパ・リーグMVP オリックスのエース・山本由伸のスライダー(6票)。実は今シーズン、全体の2.5%しか投げていないスライダー。

 

2021 山本由伸の球種別投球割合
ストレート  39.7%
フォーク   27.4%
カーブ    15.6%
カットボール 11.6%
シュート   3.1%
スライダー  2.5%

 

それでも絶大なインパクトを残し5位にランクイン。

 

 

変化球部門 第4

山田哲人 途中まで真っ直ぐだと思って踏み込んでいっても実際はフォークっていう。

 

柳裕也 1年目でオリンピックの抑えもして素晴らしいピッチャーだなと思います。

 

ソト 本当に素晴らしいフォークだね。クリバヤシ。

 

セ・リーグ新人王・栗林良吏のフォークが第4位にランクイン(7票)。ルーキーながら抑えに抜擢されると、新人最多タイ記録に並ぶ37セーブ。更に防御率は0.86と安定感抜群を披露した。東京オリンピックでも侍ジャパンの守護神に指名され、胴上げ投手になった。

 

 

変化球部門 第3

栗林良吏 落ちが凄いので、あのフォークはやっぱり凄いなと思います。僕のフォークなんて全然です。

 

荻野貴司 バットになかなか当たらないですね。

 

浅村栄斗 打てないですね。フォークを打とうとかは考えたことがないです。

 

ソフトバンクのエース・千賀滉大はフォーク(8票)が代名詞。過去に2度、変化球部門でナンバーワンになったお化けフォークが3位で登場。

 

藤原恭大 ボールが消えるというか・・・。もう絶対に振らんとこうと思っても、真っ直ぐに見えて振ってしまうっていう。打てないフォークです(苦笑)

 

 

変化球部門 第2

益田直也 自分には絶対に無理なので、見ていて本当に羨ましいですね。

 

村上宗隆 パワーカーブなんですけど、スゴく落ちますね。

 

大島洋平 速いんですね、カーブが。打ちづらい球というか。

 

なんと二度目の登場。オリックス・山本由伸のカーブが2位にランクイン(9票)。ストレートとの球速差はおよそ30キロ。そして被打率は僅か1割2分5厘。

 

山本のストレートとカーブの平均球速
ストレート 152.0km/h 被打率.228
カーブ   125.2km/h 被打率.125

 

バッターの意表を突くカーブはまさに魔球だ。

 

 

変化球部門 第1

宮城大弥 ああいう球があったら簡単にアウトを取れるんだろうなって思います。

 

奥川恭伸 スピードが違いますね。僕もああいう球を投げたいなと。

 

杉本裕太郎 味方で良かったなと思いました。

 

史上初の快挙となる同じ部門で三度目のランクイン。変化球部門ナンバーワンは山本由伸のフォーク(18票)。特徴は何といってもそのスピード。2021年4月14日のソフトバンク戦で主砲の柳田を三振に仕留めた球は150キロのフォーク。

 

宗佑麿 150キロのフォークとか見たことないですね。もう相手の選手が可哀想だなって思います。

 

チームメイトも相手に同情するほどの高速フォーク。その空振り奪取率は10%を超えれば優秀と言われる中で驚異の25.7%。データ上でもソフトバンク・千賀のお化けフォークに匹敵する数字を残している。

 

山本の千賀のフォークのデータ
山本 平均球速144.6km/h 空振り奪取率25.7%
千賀 平均球速137.0km/h 空振り奪取率27.8%

 

史上初、3つの球種(フォーク・カーブ・スライダー)でランクインした山本由伸ですが、それだけではない。投票した選手からはこんな声も・・・。

 

森友哉 全球種一級品の変化球。とにかく全部がいいんで。

 

甲斐拓也 由伸の全ての球種。ハハハ(笑) 「これ」っていうんじゃない。もう全ての球種。

 

なんと・・・7位にカットボール、更に10位にシュートもランクインし、全球種がランクイン。前代未聞の結果に。

 

 

変化球部門 第1位の選手の言葉

―フォークが1位に

山本 フォークには本当に助けられているというか、今は本当にピッチングの軸になってますね。

 

―史上初の全球種が上位にランクイン

山本 へぇー。それなりたいなと思ってました。どの球種も平均点が良かったというか、今年は安定感が出ましたね。もっともっとレベルアップをしたいです。

 

 

変化球部門ランキング
1位 山本由伸(オリ) フォーク  18票
2位 山本由伸(オリ) カーブ   9票
3位 千賀滉大(福岡) フォーク  8票
4位 栗林良吏(広島) フォーク  7票
5位 山本由伸(オリ) スライダー 6票
5位 伊藤大海(ハム) スライダー 6票
7位 山本由伸(オリ) カットボール  
7位 モイネロ(福岡) カーブ
9位 マルティネス(福岡) チェンジアップ
10位 山本由伸(オリ) シュート
10位 柳 裕也(中日) スライダー
10位 柳 裕也(中日) カーブ
※7位以下は票数分かりません

 

おすすめの記事