2020823日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天イーグルス戦でホームランを含む3安打4打点と大暴れで勝利に貢献した北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎について元日ハムの岩本勉、元巨人の松本匡史、広島で監督をしていた達川光男がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



清宮のヒーローインタビューの一部

清宮 前の打者の渡邊さんが先制のタイムリーを打っていてくれたので、打席で楽に臨むことができました。今シーズンはまだまだ貢献できていないので、今後はこういう試合をもって増やしていけるように頑張っていきます。

 

 

清宮を語る

この日の清宮の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 センター前ヒット
3打席目 ライト前ヒット(打点1)
4打席目 ライトホームラン(打点3)
5打席目 セカンドフライ
シーズン打率.188(8/23の試合終了時点)

 

アナ 日本ハムが楽天に快勝しました。

 

岩本 打線が本当によく繋がりましたね。達川さん、清宮の状態がなかなか上がらなかったんですが、栗山監督が辛抱に辛抱を重ねて、また手塩にかけている選手がやっと結果を出したように感じるんですけど。

 

達川 あのね、本来ならファームに落とした方がいいという時期があったんですが、ファームに落としたらずっと同じ事を繰り返すということでね。

 

岩本 はいはい。

 

達川 私がソフトバンクにいた時は「真っ直ぐ以外は打てない 落ちるボールを投げておけば打ち取れる」という選手だったんですよ。

 

岩本 はい。

 

達川 そこから栗山監督が我慢して使い続けて、今日はほとんど落ちるボールを打ってたように見えましたね。

 

岩本 そうですね。変化球の対応でしたね。

 

達川 そうでしょ。2打席目のセンター前ヒットもフォークボールを打ちましたしね。

 

岩本 はい。

 

達川 そういうボールが打てるようになったという事で、栗山監督は辛抱した甲斐がありましたね。

 

岩本 そうですね。松本さん、『ファームで修行した方がいいんじゃないか』という声が飛び交っていたんですよね。それでこのような結果を出すと、1軍で打席を与えたいなと思うんですよね。

 

松本 もちろんそうですね。やはりこういう選手はファームではある程度は打てると思うんですよ。

 

岩本 はい。

 

松本 上にいて、どんどん使って、やっぱりそれが勉強になると思うんですよね。ダメでも辛抱して使い切る方が伸びる選手じゃないかなと思いますね。

 

岩本 あとは時間を見つけて自分で自分を鍛錬する事も必要ですよね。

 

松本 そうですね。失敗すると勉強になりますので、それの繰り返しですからね。

 

 

以上です。

ようやく上向いてきた感じかもしれません。
おすすめの記事