20191125日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で2019年シーズンで引退し東京ヤクルトスワローズのコーチになった畠山和洋が怪我との戦い、そして引退の決断について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満と共に語っています。

 



怪我との戦い

真中 2015年にチームは優勝したんですけど、その翌年からちょっと怪我に泣かされました。優勝のあとの3年間は自分の中での苦しさはありましたか?

 

畠山 そうですね。

 

ここで2016年の巨人戦で肉離れをする映像が流れる。

 

畠山 ちょうど映像が出てますけど。

 

真中 肉離れだね。これは俺も痛かったなぁ。

 

畠山 痛かったです。初めてふくらはぎの肉離れをして。

 

谷沢 軸足?

 

畠山 軸足です。もうその年から常に怪我と向き合うようになりましたね。

 

谷沢 やっぱり、あのオープンスタンスというなは下半身に無理があるのかな?

 

畠山 もしかしたらちょっと太かったかもしれないですね。

 

真中 ちょっと重量オーバーもあったと思いますね。

 

畠山 年齢を重ねるにつれて少し絞らないといけなかったのかなっていうのはありますね。

 

谷沢 オープンスタンスでステップする足を『の』の字みたいに書いて、膝をあんまり開かないようにしてたでしょ。

 

畠山 はい。

 

谷沢 あれは負担かかるね。

 

畠山 あれは、下半身がしんどいと思ったことは実は一度もないんです。

 

谷沢 あっ、ないの?

 

畠山 はい。

 

真中 まあこれだけ強靭な下半身ですからね。

 

畠山 走る方とかにはかなり影響はあったと思うんですけど、バッティングで影響は感じなかったです。

 

谷沢 あぁ~・・・。

 

高木 納得いってない() 唸ってるだけになってる()

 

谷沢 ()

 

 

引退の決断

畠山の通算成績
1106試合 率.266(3529-937) 本128 点567 盗7 出塁率.346
2015に打点王とベストナイン
2012と2015にゴールデングラブ

 

真中 そのなかで今年引退を決断したんですけど、19年間の野球生活への思いはどうですか?

 

畠山 今年の途中ぐらいから、なんとなく自分の中でも「今年で終わりだな」っていうのは覚悟していた部分があったので、辞めるという決断をしたのはすんなりいったんですけど。

 

真中 うんうん。

 

畠山 逆にもうやらなくていいんだっていう安心感と言いますか。

 

真中 なるほど。

 

畠山 なんか気が抜ける部分はあったかなと思いますね。

 

真中 谷沢さんは引退を決めた時って納得できましたか?

 

谷沢 いや、私も怪我が多かったからね。やっぱり途中から野球が好きじゃなくなってきてたよね。

 

真中 うーん。

 

谷沢 嫌いになってきてたよね。でも年を取って初めて「野球が好きだなあ」となるけどね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

怪我からの引退でした。
おすすめの記事