2019726日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で相手エースの千賀から2打席連続のホームランを放ったオリックスバファローズの吉田正尚について元横浜の平松政次、元阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



吉田のヒーローインタビューの一部

吉田 しっかり自分のスイングができたと思います。(2本目は)ちょっとこすったんですけど、なんとかスタンドまで入って良かったです。(千賀は)いいピッチャーなので積極的に打ちにいきました。

 

 

江本、平松、高木豊が語る

この日の吉田の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点2)
2打席目 ライトホームラン(打点1)
3打席目 ショートゴロ
4打席目 敬遠
5打席目 セカンドゴロ
シーズン打率.306(7/26の試合終了時点)
今季のvs千賀 率.429 本2 点3

 

アナ オリックスがソフトバンクに勝利。ソフトバンクの千賀投手から打ったのがオリックス吉田選手でした。

 

高木 そうなんですよね。平松さん、これがまた吉田と千賀は相性がいいんです。

 

平松 ほー。

 

高木 昨年は16打数6安打で375厘打ってるんですよ。

 

平松 うん。ホームランは?

 

高木 去年はないと思います。

 

平松 うんうん。

 

高木 そして今シーズンは今日の2本。

 

アナ 2打席連続ですからね。

 

平松 まあバッターは常にタイミングを取ろうとして打つし、ピッチャーは外そうとしてするせめぎ合いなんだけど、千賀は自分のフォームでどんどん投げていくから、吉田にとってはそれに1-2-3で合わせやすんでしょうね。

 

高木 1打席目は真っ直ぐで2打席目はフォークかなんかの抜けた変化球でね。

 

平松 はい。

 

高木 もう完全に読んで打ってるようにも見えるんですよね。

 

 

平松 まあ読んでいるんじゃなくて、常にタイミングを合わせて、甘いところに来たらフルスイングするというね。今年のオールスターでのホームラン競争も相当打ちましたもんね。

 

高木 そうですねぇ。

 

平松 それだけの力を持っているんで、甘い球が来たら打てる気持ちがあるんでね。まあ千賀もたまにはありますよ。

 

高木 まあそうですよね()

 

平松 私なんかもしょっちゅうありました。

 

江本 いや、しょっちゅうないじゃん。

 

平松 なかったか()

 

高木 なかったから平松さんは200勝しているわけですからね。

 

江本 そうだよ。俺なんかしょっちゅうだよ。

 

高木 いや、そんなことはない()

 

 

以上です。

相性でしょうね。
おすすめの記事