2021年9月22日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で打線の中軸に元気なく敗戦してしまった阪神タイガースの打線について元中日の井端弘和とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



真中 井端さん、阪神打線の4番・5番・6番の低調さが気になりますね。

 

この日の4番・5番・6番の打撃内容
4番マルテ 遊ゴ 三ゴ 三振 左安
5番大山  中安 右飛 遊ゴ 中飛
6番サンズ 左飛 中安 投ゴ 三振
問題の3人

 

井端 そうですね。上位の1番近本・2番中野・3番糸原がみんなチャンス作ってるんですよね。

 

真中 はい。

 

井端 8回表にチャンスでマルテ選手がタイムリー打ったんですけど、その後ろの5番・6番が続かないですし、6回表なんかはせっかくノーアウトランナー2塁で糸原選手が出塁しても、後ろの3人がキッチリとアウトになる展開だったので。

 

真中 うんうん。

 

井端 広いバンテリンドームでの試合を考えると、もうちょっと違う選手、例えば島田選手とか・・・。

 

真中 はい。

 

井端 あとは小幡選手とか、足のある選手を間に入れていくと面白い打線になるんじゃないかなと思いますので。今はヤクルトがそういう事をやってますよね。

 

真中 中村を6番に入れたりね。

 

井端 それで大山選手はサンズ選手を7番ぐらいに入れると動きがちょっとは出てくると思うので、打線としてはいいんじゃないかなと思いますね。

 

真中 今の阪神の中軸は長打はあるけど、似たようなタイプが多いというかそういう言い方になるんでしょうかね。

 

井端 そうですね。

 

真中 まあ、誰かが打てばいいんですけど繋がらないからそういう話になりますよね。

 

 

以上です。

この中軸のせいで監督がたまに変な采配しちゃうんでしょうね。
おすすめの記事