2018年10月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発の吉川光夫が早々に降板しリリーフ陣が投げることになった読売ジャイアンツ。その中継ぎもボロボロで残り2試合の戦いついてヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の平松政次がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



衛藤 真中さん、スワローズに負けたジャイアンツですが、試合をご覧になっていかがですか?

 

真中 今日は先発が早く代わって、中継ぎが出てきたんですけど、ちょっと中継ぎが苦しいんですよね。

 

衛藤 はい。

 

真中 今後、どうしていくかというところなんですけど。

 

衛藤 うーん。

 

真中 平松さん、ジャイアンツの中継ぎどうですか?現状はかなり苦しいですよね?

 

平松 今日の中継ぎで出てくるピッチャーを見て、このピッチャーなら必ず抑えてくれるというピッチャーがいないもんね。

 

この日の巨人の継投

番手投手被安打失点
1吉川光484
2アダメス123
3中川100
4谷岡110
5野上2/311
6池田1/320

 

真中 そうなんですよねぇ。

 

平松 もう本当にキツイですよ。

 

真中 今日もアダメスが5回からいったんですけど、この内容ですもんね。(1回、被安打2、失点3)

 

平松 うん。

 

真中 大矢さん、ジャイアンツの中継ぎを見てどうですか?

 

大矢 もう今更、誰が悪いっていう状態は超えてるんじゃないですかね。

 

真中 はい。

 

大矢 だから、できるだけ失点を少なくっていう風に考えると、ある程度は小刻みにね。

 

真中 はい。

 

大矢 どうやったら自分たちのピッチャーが有利に投げられるかというのを考えると、早め早めに交代していって、雄平のところでは左ピッチャーを当てたりね。

 

真中 はい。

 

大矢 必死に食い止めているという、そういう戦い方をしてほしいなと思いました。

 

真中 そうですね。試合の間隔がちょっと空いているんで、山口俊が3イニング投げたり、畠が2イニング投げたり、そういう起用ができるんですけど、クライマックスを考えるとそういうわけにはいきませんので、それが今後の課題かなと感じるんですけども。

 

大矢 でも、真中さん、そのクライマックスシリーズに行くまでが肝心なんだから。

 

真中 まずそうですね(笑) あと2試合ありますから、それを頑張ってほしいですね。

 

衛藤 はい。

 

 

以上です。

負のスパイラルにドップリ浸かっています。

おすすめの記事