2020827日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で流れを大きく変えた読売ジャイアンツのライト松原聖弥のプレーについて元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元中日の谷沢健一がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



シーン
4回裏 巨人がヤクルトを2点リード
2アウト3塁の場面で打席にはピッチャーの高梨。ここで高梨がライト前への当たりを打ち1点差に迫ったと思われたが、巨人のライト松原が素早い打球判断でライトからファーストに送球しライトゴロでアウトにしチェンジ。試合展開を左右するかもしれないビッグプレーに原監督も絶賛。

 

高木 この試合、流れを大きく変えるプレーがありました。谷沢さん、2アウトランナー3塁でバッター高梨という場面でライトゴロ。

 

谷沢 いやぁ、いいプレーをしたよね。でもライトの松原はこれを狙ってたね。

 

高木 狙ってましたよね。

 

谷沢 完全に狙ってた。

 

高木 それでポジショニングもいいところにいましたしね。

 

谷沢 そうそう。迷わずファーストに投げたもんね。

 

高木 そうですよね。里崎さん、やっぱり試合の中で流れを変える1球や流れを変えるプレーってあると思うんですけど、これは素晴らしいプレーでしたよね。

 

里崎 ここで1点が入っていたら試合展開が大きく変わっていたところで、ビッグプレーが生まれるのも大事ですけど、谷沢さんが言ったようにそれを準備してた松原の勝ちですよね。

 

高木 そうですね。

 

稲村 原監督も試合後にコメントされているんですが、「ビッグプレーだね。本当に満塁ホームランぐらいに値するワンプレーですね。流れというものが逆にこっちに来たというんでしょうかね」とのことです。

 

高木 うん。まあ、今日の松原はノーヒットだったんですけど、満塁ホームランの価値があるぐらいのプレーだったという事ですよね。

 

稲村 はい。ナイスプレーでした。

 

 

以上です。

野球脳がありそうなプレーですね。
おすすめの記事